AKB48の最新ニュースやスキャンダルをお届け!

AKB48全推し!!AKB48の最新ニュースやスキャンダルをお届け!

AKB48 メンバー一覧|メンバー紹介|画像|人気投票|歌詞|新チーム|振り付け|動画|熱愛|恋愛|噂|脱退|水着|総選挙|コンサート|SKE48|NMB48
AKB48全推し!!AKB48の最新ニュースやスキャンダルをお届け! TOP > 増田有華(チームB)

増田有華

★AKB48の最新アイテムはコチラで!!
img_masuda.jpg

増田 有華(ますだ ゆか、1991年8月3日 - )は、AKB48チームBのメンバー。大阪府大阪市出身。office48所属。


所属事務所 office48
年齢 19歳
ニックネーム ゆか
生年月日 1991年8月3日
出身地 大阪府
血液型 B型
身長、体重 162cm
スリーサイズ B84 W63 H88
合格期 2期生
所属 チームK→チームB
選抜回数 5回
第1回総選挙 25位
第2回総選挙 25位
第3回総選挙 20位
じゃんけん選抜 1回戦敗退


略歴

2006年
2月、AKB48第2期オーディションに合格。
4月1日、新設されたチームKの一人として劇場公演デビュー。
2009年
7月8日、第1回総選挙は25位となり、アンダーガールズ入り。
8月23日、『AKB104選抜メンバー組閣祭り』にて、新生チームBに異動することが発表。
2010年
4月28日、『Stargazer』でソロデビュー。
5月21日、チームBに異動。
6月9日、第2回総選挙では25位となり、アンダーガールズ入り。
2011年
6月9日、第3回総選挙では20位となり、選抜入り。


人物

キャラクター
キャッチフレーズは「笑顔ニコニコ、元気モリモリ、たこ焼きめっちゃ好きやねん! 大阪魂炸裂の18歳、増田有華です」。
公式ニックネームは「ゆか」。「ゆったん」も多い。名付け親は、河西智美。たまにキャッチフレーズの「たこやき」とも呼ばれる。現在、ブログの最後に記述している「゜+。Chiro。+゜」は、昔のニックネーム「チロ」から。チロの由来は、チロルチョコが大好きだったので佐藤夏希に「チロって名前、可愛いいじゃん」と言われそうなった。「チロ」は次第に呼ばれなくなったが、現在でもブログだけは「Chiro」を使用している。ちなみに、同じくブログの最後にある「にゃもし」とは、「なんか雰囲気がかわいいのとみんなが幸せになりますようにーって想いを込めた言葉です。ゆるーく皆さんに使っていただけたら嬉しい」
最近は、胸が大きいことからメンバーに「ゆったん」+「おっぱい」で「ゆっぱい」と呼ばれている。
AKB加入以前から数々のヴォーカルコンテストに出場し、「のど自慢」でもグランプリになったことがあるという、AKBトップクラスの高い歌唱力を持つ歌姫。
歌手活動以外にも、舞台、映画、ドラマなどにも単身果敢に挑戦し、才能の枠を広げている。将来の夢は、歌手。アーティスト。役者。
戸賀崎「歌はもちろん、彼女は演技がとても上手い。劇場の寸劇パフォーマンスが舞台や映画に展開した理想型です。あと、ぜひ公演ラストの彼女の最後の挨拶『またきたってな~』を生で聞いて下さい」
加入以前
芸能界に入りたいって思ったのは、保育園の頃から。
昔、地元大阪で毎月ストリートライブなどもしていた。
2006年
AKBに入ったキッカケは、母親が応募したから。最終審査に行ったら受かったので、ためらうことなく上京した。
アニメ『一騎当千』の4期オープニング・テーマ「Stargazer」でCDデビューを果たした。AKB48メンバーとしては、大堀めしべに続く2人目。ちなみに、秋元康のプロデュース(作詞)ではない。
2010年
AKBの中では、決して目立つ活躍場所は多くはないが、選抜総選挙では第1回(2009年)、第2回(2010年)共に25位と、根強いファン人気を持つ。
8月、『G.I.ゴロー』では、稲垣吾郎、次長課長の二人から、推しメンに選ばれた。理由は、稲垣「さわやかでいい」。河本「オーラが出ている」。ちなみにこの番組では「マスカルポーネ」というニックネームが付けられている。
7月11日、コンサート「サプライズはありません」にて、大阪難波にNMB48の結成が発表されたが、増田は大阪出身のため、メンバーから深刻な顔で「…行かないよね?」と聞かれたらしい。増田が鎌をかけて「あぁ」と意味深に返事をしたら、「え?有華ちゃんNMB行っちゃうフラグ?」とビックリされた。その後もメンバー、スタッフ、ファンからも「行かないでね」と言われている。本人によるとNMBに移籍する気はなく、AKBのメンバーとして、NMBとコラボしてみたいと語っている。しかし「私(一人の考えでは、移籍について)判断できないんですけどね」とも語っている。
同コンサートでは、19thシングルの選抜メンバーを決める「じゃんけん大会」の開催も発表され、出場枠の抽選が行われたが、増田の引いたブロックは、1回戦で渡辺麻友と戦い、勝って2回戦に進んでも、今度は前田敦子に勝たなければ、選抜入りは出来ない。佐藤夏希によると増田は「どうしよう。どうしよう」とずっと言っているらしい。だがインタビューでは、「あ~ヤバいじゃん! めっちゃいい戦いに参加できる! 良いところに入れたな~」と逆に喜んでいる。
7月31日、映画『ひとりかくれんぼ 新劇場版』で初主演。
『AKBとXX!』の川藤幸三(元プロ野球選手)とのガチ悩み相談というコーナーにて、他のメンバーが「私服がダサいと言われる」「爪が割れやすい」という悩みを相談する中、
増田「もう4年半くらい活動してるんですけど、選抜メンバーに最近全然入れてなくて…私だけ今回の(ロケ)メンバーで選抜メンバーじゃないんですね」
川藤「4年で終わりか? んじゃ高校野球3年しかないわな。レギュラー取れる人間って限られとるわな。そっから外れたらどうすんねん? それで終わりか?」
増田「いや、違いますね」
川藤「大学もあるし、次の世界もあるし。今この4年間があくまでも自分の下積みだ。基礎や」
増田「うん」
川藤「先生はその野球時代、現役19年レギュラーになったことないねん。ぜーんぶ補欠。毎年、下から下から若い勢いの良い選手が出てくんねん。ほんで全部抜かれていくねん」
増田「はぁ…」
川藤「だけど、だけどここからやで。ここで揉まれて何かを掴むんよ。目の前の事ばっかり追って行くんじゃない。“今”しっかり…。4年ぐらい何やねん! これからじゃ!」
増田「はい」
川藤「はい、がんばれ!」
ナレ「レギュラーなどでなくとも、無駄な時間は無い。これこそ川藤の人生そのものなのだ」
9月6日、『有吉AKB共和国』の占い師ラムメスによると、じゃんけん大会の優勝者は渡辺麻友。増田の1回戦敗退という予想となった。「昨日あれだけジャンケンの必勝方を聞いてた矢先に有吉共和国の選抜予想占いでまさかのまゆゆセンター!?あれ タイミング悪くないかーい? 皆さんにいろいろコメントしていただいたのに申し訳ない。でもゆったんそんな逆境に負けないんだから。負けないんだから~~ってゆってもあんまプレッシャーかんじてないんですけどね。楽しみで仕方ないのだ」
9月21日、ジャンケン大会当日。増田は勝負服とも言えるMARIAの衣装で臨んだが、渡辺に負けてしまい久しぶりの選抜入りとはならなかった。「負けちゃったよ。悔しい思いすると思ってなかったけど、いざ武道館のステージの真ん中でまゆに負けるとあとからかなり来ましたね。あとね…オモローなくらい不吉なことがあったんです。本番中名前を呼ばれてステージにあがる直前にMARIAの衣装のネックレスから十字架がちぎれてポトンって落ちたの。落ちただけならまだいいけど折れたの十字架が。この瞬間にステージあがるまえに鳥肌がたちました」
10月10日、野外ライブ「東京秋祭り」のカラオケ大会にて、絢香の『みんな空の下』を披露。見事優勝し、ハワイ旅行をゲットした。
2011年
2月27日、同事務所(office48)所属の秋元才加、梅田彩佳、宮澤佐江と共に、4人組ユニット「DiVA」を結成。4月にCDデビューする事が発表。
3月8日、ツイッターを開始。
4月8日、『AKB48のオールナイトニッポン』で佐藤亜美菜に、「最近、ゆかちゃん(増田)、楽屋で“ゆっぱい”って呼ばれてるの。なんでかっていったら、この時間だしストレートに言っちゃうけど、ゆかちゃんはおっぱいが大きいの。ホントにゆかちゃんっておっぱいが大きいの。ゆかとおっぱいで“ゆっぱい”」と暴露される。「ちょっと待って!」とあせる増田を振り切り、佐藤はさらに、番組収録の前に増田が一緒に入浴した時の話、「生まれてはじめて、人のおっぱいの上で寝たの」とも。この発言が、AKB48のファンを刺激させたことは間違いないようで、番組の終了から、増田のブログには“ゆっぱい”のコメントで爆発。その後、増田は、「みなさま、ライブなどでゆっぱい! と叫ぶのだけはやめてください。握手会などでもネタにしないでください。笑」とコメントした。
4月16日、21stシングル『Everyday、カチューシャ』の選抜メンバー情報が解禁。増田は2007年7月の4th『BINGO!』以来、17作(3年10ヶ月)ぶりの選抜復帰となった。「いつの間に次の選抜発表されたんだぁぁ。コメントみてビックリです。改めて言わせていただくと…次の21stシングル選抜メンバーに入りましたっ〓わーい(^0^)/ 皆さんの応援のおかげです。ほんまにありがとうございます。自分が思ってる以上に周りのスタッフさん、ファンの皆さんが喜んでくださっていて涙が出そうになりましたっ。これを活力にしてAKBのメンバーとして、そしてDiVAとしても成長していこうと思います」
4月20日、DiVAのマスコミ向け記者発表が行われ、来月発売されるデビュー曲などをお披露目した。最後に秋元康からのメッセージが読み上げられ、新メンバーの加入が発表された。「最初聞いたときは素直にビックリしました。10人になるということで、どんな人がメンバーに加入するのか考えるだけで楽しみになりました! でもそれと共に不安や焦りも後からきて、上手くいくかとか、どんなグループになっていくのかとか、正直、考えてる自分がいます。でもでも! 今までいろんな不安を抱きながらも精一杯やってきて、後悔したことは1度もないので、この加入オーディションを新しい自分の刺激に変えよう!って気持ちになってきています。今後どうなっていくのか楽しみですね」
6月9日、これまで2回の総選挙では25位とアンダーガールズ止まりだったが、3度目にして20位を獲得し、総選挙では初めての選抜メンバー入りを果たした。「メンバーが150人もいる中、私の為に愛情の込もった票を入れてくださったんだと考えると、感謝してもしきれません。名前を呼ばれた瞬間、歌手も夢も諦める。と、何をするにも下向きになっていた頃の自分を思い出しました。諦める。そんなこと言いたくなかったけど、実際に1年前の自分はこれ以上は無理だと感じていました。でもそんなとき、ファンの皆さんが、ゆかちゃんの歌がだいすきだよ!って。ゆかちゃんの笑顔をみると幸せになる!って。そして、夢を諦めないで! と言ってくださいました。私は1人じゃないんだ。みんなが傍で見守ってくれている。と。だから私らしく楽しめたんだと思います。いままでは恩返ししたくてもなかなか出る場所がなく、上手く表現できなかったり強がっちゃったり、、、。でも、いまが皆さんに恩返しをする時だと、やっとこの時が来た!と感じています。皆さんに増田有華を応援しててよかった!と言っていただけるように、今この時からまた新たにスタートをきりたいと思います! 手加減せずに全力でいきますよーみんなついてきてね!! ほんまにほんっっまにありがとう」

交友関係
仲の良いメンバーは、佐藤夏希、小野恵令奈。
誰とでも仲良くなれるが、女の子同士の輪みたいなのが苦手。一匹狼タイプで、「一人が好き」。
推しメンは、大島麻衣。現在は「推し!」と言える子はいない。「ステージ観てて引き付けられたのは、きたりえとゆきりん。あと佐江かな」
南キャン・山里の2推しが増田。
尊敬しているメンバーは、「みんな尊敬するけど、たかみなの頭の回転の速さには驚きます。すごい!」

性格・趣味
性格は、明るい。頑固。うるさい。
裏の性格は、「現在19歳、しかし周りからは32歳といわれる。なんか明るいキャラが浸透してるけど普段は結構話さない(笑)。三日坊主」
「有華」の名前の由来は、逆に読んで「華が有る子に育つように」という意味でつけられた。
2歳の時に小児がんに侵されていて転移も見られたが完治した。
初恋は保育園の時。
一人っ子。
作詞が趣味で、すでに100編以上の詞を書き上げているらしい。選抜総選挙前のマニフェストでは「作詞作曲した歌を出す」と宣言した。
特技は、人間観察。
スポーツ万能で、中学時代はバスケットボールの大会で大阪市の選抜に選ばれた経験がある。体育祭では走り高跳びで何度か優勝した事がある。
『AKBINGO!』ムチャぶりドッジボールでは、このゲームに強い大島優子といい勝負を繰り広げ、最終的には大島を撃破した。大島は巻き添え以外では初のアウトで、「ウソだー!」と絶叫した。結果的には、白チーム全員を増田一人でアウトにしていた。ちなみに本人も「本気でやったつもりじゃない」と言っている通り、大島以外にはかなり力をセーブして投げている。また一応気を遣ってか、前田敦子や見方に何度かボールをパスしている。
運動神経が良いと思う人は、「Kは優子、才加。Bならアタシ運動はまけません。笑」
好きな男性のタイプは、「人のことを思いやれる人。容姿は求めません」。「空気読める人」。
匂いと、肩のフェチ。
寮で一人暮らし。両親から仕送りを貰っていたが、それは増田が貯めていた給料から出ていたらしく、結局、自分のお金だった。
化粧品やコスメにお金をかけており、特に香水を集めるのが好き。匂い好きで、アロマがないと夜は眠られない。

参加曲

シングルCD選抜曲
2nd 制服が邪魔をする
3rd 軽蔑していた愛情
4th BINGO!
21st Everyday、カチューシャ
22nd フライングゲット


全ての記事を表示する


にほんブログ村 芸能ブログ アキバ系アイドルへ


Powered by AKB48全推し!!


AKB48
スポンサーサイト



宮崎美穂

★AKB48の最新アイテムはコチラで!!
img_miyazak.jpg

宮崎 美穂(みやざき みほ、1993年7月30日 - )は、AKB48チームAのメンバー。東京都出身。ホリプロ所属。


所属事務所 ホリプロ
年齢 17歳
ニックネーム みゃお
生年月日 1993年7月30日
出身地 東京都
血液型 O型
身長、体重 159cm
スリーサイズ B77 W57 H83
合格期 5期生
所属 研究生→チームA
→チームB
選抜回数 9回
第1回総選挙 18位
第2回総選挙 21位
第3回総選挙 27位
じゃんけん選抜 1回戦敗退


略歴

2007年
9月、AKB48第5期研究生オーディションに合格。
2008年
7月13日、研究生からチームAに昇格。
2009年
2月13日、大手芸能プロダクションのホリプロへ移籍。
7月8日、第1回総選挙では18位で、選抜メンバー入り。
8月23日、『選抜メンバー組閣祭り』にて、チームAからチームBに異動することが発表。
2010年
5月21日、チームBのメンバーとして活動を開始。
6月9日、第2回総選挙では21位で、選抜メンバー入り。
2010年
6月9日、第3回総選挙では27位で、アンダーガールズ入り。
人物

キャラクター
キャッチフレーズは、「ド・レ・ミ・ド・ミ・ド みゃお~」。考案者は指原莉乃。
ニックネームは「みゃお」。名付け親は大島優子。仲がよい小野恵令奈からはブログ上で「宮男」と呼ばれている。また、本人もブログ上で「宮男」を名乗ることが時折ある。その顔立ちから、篠田麻里子からは「たぬき」と呼ばれた。
AKBメンバーの中ではマスコット的存在として扱われている。笑いに関しては非凡な感性を持ち、ギャグセンスは高い。峯岸みなみ「存在自体がツボ」。佐藤亜美菜「笑いの塊」。戸賀崎「ネタの宝庫」。仲の良いメンバーと喋っているとテンションが異様に上がる時がある。
反抗期キャラや狂犬キャラとして、メンバーにダメ出しする事が多いが、実は小心者で内心はビクビクしている。大堀恵によると、「ババア」とかの暴言を言った後は、あとでしっかり謝りに来てくれるらしい。しかし、小嶋とショージキ将棋で対戦した時の質問には「先輩にダメ出しをした後、謝りに行くのが面倒くさい」というものがあった。
また、色々とメンバーの内情を曝露する事も多いが、「篠田に靴の紐を結ばさせられた」というのは嘘だったらしく、発言のどこまでが本当かは不明。
佐藤亜美菜によると、ホテルで一緒の部屋だった時は「夜だし、以外と落ち着いている。みんなと居る方が盛り上げようと、わーわーしてるけど、以外と空気読める子だし。二人きりになると、真面目な話とかしちゃうタイプ」
雑誌のキャッチコピーだと、よく「昭和」と付けられる。片山陽加の様に昭和に造詣が深いのではなく、「昭和のアイドルの雰囲気が漂う」「昭和顔」という意味らしい。
AKB48として
幼少期
小学5年生からエイベックスのダンススクールに入り、歌とダンスを学ぶ。
子役が主役を務める名作ミュージカル「アニー」のオーディションに応募。最終選考まで残ったが、最初の夢は叶わなかった。今でも「あの落選は悔しい」と話す。
芸能界に憧れたキッカケは、小学生の時に「金八先生」を観て、自分もテレビに出たいと思った。
2007年
9月、アイドル(AKB48)を目指していた訳ではなかったが、オーディション雑誌でAKBの事も知り、ちょっと興味もあったので受けてみたら合格した。でも、受かったらすぐAKBのメンバーになれると思っていたが、最初は研究生からだと知ってビックリする。
研究生時代は、高橋みなみのアンダーとして活躍。本人曰く、研究生時代は楽しかったので、AKBに入って良かったと思うようになる。「当時はひまわり組の頃で、5期生では私とチカリーナ(近野莉菜)と小原春香ちゃんの3人だけがレッスンを受けられたんです。公演が始まって2人はアンダーで舞台に何回も立つんです。私は高橋さんのアンダーだったんですけど、ずっと上がれなくて。同期がステージに立てているのが本当に悔しくて、焦ってました。だから一番最初にステージに上がれるって決まった時は嬉しかった。あの日の事は忘れられないです」
2008年
7月13日、AKB加入から約10ヶ月後、5期生では一番最初に昇格する事が発表。A5thからチームAの正規メンバーとなる。
10月、昇格3ヶ月後には、10thシングル『大声ダイヤモンド』にて初選抜。その後リリースされた全てのシングルにも、同じく5期生の北原里英と共に選抜メンバーとして選ばれ、AKB次世代を担う一人と言われるようになる。
2009年
4月26日、コンサート「神公演予定」にて8月に発売予定のシングルの選抜メンバーをファンの人気投票によって決める“選抜総選挙”の開催がサプライズで発表された。「絶対に無理だと思いました。だって私たちなんて研究生から昇格して1年も経っていなかったんですよ。オリジナルメンバーは3年半も居る訳で…。ファンの方の人数に差があるに決まってるじゃないですか。実際、順位をつけるなんて、傷つきますよね…」
7月、同事務所の板野友美、河西智美と共にユニット「ナットウエンジェル」を組んだ。
7月8日、第1回総選挙では速報12位、中間11位と高い位置につけていたが、最終では18位に落ちてしまう。「あの選挙は辛くもあるけど、強くもなれた不思議な機会」と振り返っている。
当選したため13thシングル『言い訳Maybe』の選抜メンバーに選ばれたが、インフルエンザにかかってしまいレコーディングのみ参加し、PVの撮影には参加できなかった。休んでいる時は、ずっとホラー映画を見ていた。
8月25日、『スコラ』10月号で、初表紙&初グラビアを飾る。インタビューでは今後について「AKBの中で、居なきゃいけない存在になりたい」と語った。
2010年
将来の夢は女優。目標の女優は、長澤まさみ。石原さとみ。学園ドラマに出演することを目標としており、1月にはじまったドラマ『マジすか学園』にて、山椒姉妹の長女役で、念願の学園ドラマデビューを果たした。
2月25日、1st写真集『SHINING SKY』発売し、翌3月21日には1stDVD『宮崎美穂のとれ高十分!!』発売。グラビア活動も活発になる。写真集の撮影では、沖縄とはいえ12月に水着にならなければならなかったが、宮崎は愚痴のひとつも言わずに仕事をこなしたとか。「ホテルでも東京から持ってきた学校の課題を黙々とこなしていました。いったん理解すると、瞬間的に仕事モードに切り替われる子です。ただ、水着撮影が終わっていないのに、バーベキューをもりもり食べるのはどうかと思うんですけど(笑)」
6月9日、第2回総選挙では前回より3ランク落ちて21位。これは選抜ラインギリギリの順位で、もう少しで初めて選抜から外れるところだった。選挙終了後、自身のブログには、
「みなさんのお陰で選抜に入ることが出来ました。私に投票して下さったみなさま、本当にありがとうございます。去年の総選挙では、18位ということだったので、結果的には、ランクダウンしてしまいましたが、投票数が信じられないくらいの数で、本当にみなさんには感謝してもしきれないです。こんなにもたくさんの方に、応援していただけてる事を誇りに思います。
でも。でもね。やっぱり悔しいです。すっごく悔しいです。これも去年とは比べものにならないくらい悔しいです。でも、今こそ上に行けるチャンスだ。私は、応援して下さってる皆さんの期待を裏切るわけにはいきません。何年後かに私が女優さんになっていたら、『あの時、みゃおを応援して良かった』と思っていただけるように、今日からまた一歩一歩みなさんと共に夢を追いかけていけたらいいなと思います」とコメントした。
6月10日、AKBの先輩・おニャン子クラブのヒット曲をソロでリメイクするアルバム『姉うた-80~90's GIRL POP NON-STOP COVER』に、AKB48からは宮崎が参加する事になった。関係者は「AKB48メンバー屈指の歌唱力で、昭和の雰囲気も漂う宮崎さんを選ばせてもらった」と話している。宮崎が担当したのは、河合その子の『青いスタスィオン』
7月5日、去年に引き続き、7月10日の納豆の日を盛り上げるホリプロユニット「ナットウエンジェルZ」に参加した。
やはりAKBというのはストレスが溜まるらしく、辞めたいと思った事もある。最初はストレスの発散の仕方が分からなかったが、仲の良い友達を遊んだりする事でリフレッシュする方法を身に付けた。
8月22日、トレーディングカード「みゃお」の発売イベントで、来月武道館で開催される19thシングル選抜メンバーをじゃんけんで決める「AKB48じゃんけん選抜大会」については、「私は(トーナメントのやぐらの枠番号が、AKB48と同じ)48番なので、きっと優勝してセンターポジションになるんだと思います」と、自分の天運を信じるとコメントした。
9月21日、じゃんけん大会では1回戦で、内田眞由美と対戦。実は二人は同期であるが、宮崎は5期生一番最初の昇格者で、全シングルで選抜されてきたというエリート街道を歩んできた者。対して内田の方は、5期生最後の昇格者(発表時。新チームのデビュー日が違うため、厳密には石田晴香が最後ではある)で、一度も選抜入りした事がないという苦労人。まるで正反対の道を歩んできた二人だが、勝敗は内田が手にした。そして内田はそのまま優勝し、センターポジションも手に入れた。宮崎は19thシングルの選抜メンバーには入れず、これまで続いていた連続選抜記録も途絶えた。
9月22日、18thシングルの選抜メンバーの情報が解禁。16名の名前が発表されたが、そこに宮崎の名前は無かった。これで19thと併せて2作連続で選抜メンバーから外れる事となってしまった。
2011年
1月19日、熱が39.2度も出たとブログで報告。立てないほど体調が悪い模様だが、「明日からAXだからね。何としてでも治しますからね」とコメントしていた。
1月20日、「リクエストアワーセットリストベスト100 2011」の初日だったが、やはり体調が回復しなかったため、出演を断念した。「みなさん御免なさい…。宮崎は風邪の為出演出来ませんでした。本当にすみません…。出たい気持ちはかき氷80杯分くらいありましたが、やはりこの高熱の中で無理矢理出させていただいても、メンバーやスタッフの方に風邪を移してしまったり、明日、明後日、明明後日のコンサートのことを考えて今日は休演させていただきました…。でも、お陰様で熱は大分下がりました。ちなみに、インフルエンザではないです。それだけが救いです」
AXには翌日の2日目から出演。3日目には、初日の体調不良をパフォーマンスで取り返した宮崎がMVPを受賞した。
3月6日、さいたまスーパーアリーナで行われた全国握手会のイベント「A-1グランプリ」に優勝。雑誌『FLASH』の4ページソログラビア出演券を手に入れた。
3月7日、雑誌『ヤングマガジン』とAKB48のコラボユニット「YM7」のメンバーに選ばれる。
4月16日、21stシングル『Everyday、カチューシャ』の選抜メンバー情報が解禁。宮崎は17th『ヘビーローテーション』以来、4作ぶりの選抜復帰となった。
4月28日、「第3回総選挙」の政見放送が開始。去年の総選挙の曲『ヘビーローテーション』以後は選抜落ちし、「メンタル的に辛い1年を過ごしてきた」と心境を明かす。今年の目標については「1位を狙っていきたいと思います。不可能な事は無いと思っていますので、皆さんよろしくお願いします」と意気込みを語った。
6月9日、3回目の総選挙を終え、ブログでもファンに今年の結果を報告した。「総選挙は3回目ですが、やっぱり慣れるものではありませんね。みなさんに今年のわたしの順位をお伝えします。宮崎美穂は、第27位でした。この一年は、辛かったり悔しかったりいろんな思いをしました。たくさん悩んだ時期でもあった。だから、正直27位という順位に納得しています。投票してくださったファンみなさんや、番組などでひろってくれるプロデューサーさん、家族、友達、みんなの期待を裏切ってしまったのは本当に申し訳ありません。でも、この順位は今日までの自分の結果であり、明日からまた始まります。こんなにたくさんの方がわたしに投票してくださっているのに、凹んだり泣いたりするのは嫌です。かっこわるいです。だからみなさん心配しないでくださいね。わたし弱い人間じゃない! 後悔しないように、好きなことをして努力し続けます。みんなを信じて、みんなのためにも努力します。27位という素晴らしい順位をありがとうございます!」
6月15日、Mnet(韓流専門チャンネル) 『Mnetが行く』の番組MCに決定。毎週人気のK-POPアーティストを紹介していく街角リクエスト番組。

交友関係
メンバーでは小野恵令奈、渡辺麻友、多田愛佳、奥真奈美などと仲がよい。プライベートでは多田とよく遊ぶ。
年上のメンバーには気を遣ってしまう事が多いため、同い年か年下のメンバーと仲が良い。
推しメンは、「いない」。
元々AKBを知らずにメンバーになった為、インタビューなどで好きなメンバーや憧れているメンバーを聞かれると困っていた。あるインタビューでは「こじや(小嶋陽菜の事だが名前を間違えていた)」と答えていた。
AKBのメンバーで憧れている&尊敬しているのは、河西智美。顔と背が好きらしい。
MC中などは、よく先輩からオチとして宮崎にふられる事が多いが、ぶっちゃけ面倒くさいと思っているらしい。その事もあってか、全国握手会の打ち上げで大島優子に、「スタッフのモノマネ」のムチャぶりをされたりと、大島の事を苦手に思っている。
逆に大島からも苦手に思われていると反論され、理由は「調子に乗り始めると、テンションが高くなってヒートアップして暴走し始める」から。
前田敦子もそのアンケートでボタンを押しており(理由は不明)、AKBの両エースに苦手意識を持たれているという結果が出てしまった。

性格・趣味
性格は、サバサバして負けず嫌い。
「実際の私はすごいナイーブなところがあるんです。その人からすると冗談で言ったような事でも、私自身は引きずるタイプで…。些細なことに見えても、結構傷ついてることもあるんですよ。でも、しっかり怒られた時には『まあ、いいや』って聞き流すタイプだったりします(笑)」
チャームポイントは、目。
関西弁を好んでおり、一人称は「ウチ」。ラジオ番組などでは「なんでなん」などとベタな関西弁を話す。本人は、英語よりも関西弁をしゃべれるようになりたいらしい。
特技は、美輪明宏のモノマネ。ボディボード。側転。吹奏楽。
小学卒業時のアルバムの写真が白黒なのは、担任の先生の希望でそうなった。
アンケートなどの字が汚い為よく怒られるが、実は習字を習っており、本当は字が上手い。DVDのタイトルも自身が書いたもの。
学校では、「てかさ、あの子だれ?」「だれ? 知らない! いたっけ?」「…まぁいっか」ぐらいの陰キャラ。宮崎がAKB48って事をみんな知らないらしい。
部活は吹奏楽部で、ホルンやトランペットを担当。
芸能人女子フットサルチーム「XANADU loves NHC」に所属。背番号は「30」。
好きな食べ物は、ネバネバ。おやつ昆布「とろべ~」が好きで、昔は色々な所でネタにされていたが、もう「とろべ~」は飽きたらしい。
苦手な食べ物は、あんこ。トマト。お刺身。お寿司。
好きな色は、ピンクと白。
好きな男性のタイプは、背が高くて、おもしろくて、血管が綺麗な人。ノリのいい人。服装はリュックの様なラフな格好。
嫌いな男性のタイプは、長髪(後ろで結んでいるような)。ヒゲ。ブーツインしている人。
ファーストキスは保育園の時。
趣味はショッピング。カラオケ。
ペットでハムスターを飼っており、「世界一のハムスター愛好家」と豪語している。
運動は苦手。足も遅く、50メートル走が10秒21だった。
尊敬する人、EXILE。
ケアベアが好き。篠田麻里子からもスワロフスキーが付いたぬいぐるみとストラップを貰った。AKBプロファイリングというコーナーで宮崎の部屋が放送されたが、大量のケアベアグッズが登場していた。ちなみに篠田曰く「みゃおにあげたケアベアも映っていた」らしい。
レジが好きで、家にもあり、それで遊んでいるらしい。『週刊AKB』ではコンビニのレジ店員のバイトを体験したが、教えられていない事までこなすなど、異様にしっかりしており、セブンイレブンのトレーナーにも誉められた。
注射が大好き。
ホラーが好きで、多数のホラー映画やゲームを所有している。本人曰く「ホラー映画でよく後ろから襲ってくるシーンがあり、夜に一人で見ると、ホラー映画みたいに襲ってきたらどうしよう…という恐怖感を味わうために見ている」。狂犬どころか、Mっ気があるらしい。


参加曲

シングル選抜曲
10th 大声ダイヤモンド
11th 10年桜
12th 涙サプライズ!
13th 言い訳Maybe
14th RIVER
15th 桜の栞
16th ポニーテールとシュシュ
17th ヘビーローテーション
21st Everyday、カチューシャ



全ての記事を表示する


にほんブログ村 芸能ブログ アキバ系アイドルへ


Powered by AKB48全推し!!


AKB48

渡辺麻友

★AKB48の最新アイテムはコチラで!!
img_watanabe.jpg

渡辺 麻友(わたなべ まゆ、1994年3月26日 - )は、AKB48チームB、並びに「渡り廊下走り隊」のメンバー。埼玉県出身。プロダクション尾木所属。


所属事務所 プロダクション尾木
年齢 17歳
ニックネーム まゆゆ
生年月日 1994年3月26日
出身地 埼玉県
血液型 AB型
身長、体重 154cm
スリーサイズ B71 W55 H82
合格期 3期生
所属 チームB
選抜回数 18回
第1回総選挙 4位
第2回総選挙 5位
第3回総選挙 5位
じゃんけん選抜 2回戦敗退


略歴

2006年
2月、AKB48第2期生オーディションに応募するも不合格。
12月、3期生オーディションに合格。
2007年
4月8日、チームBの一員として劇場公演デビュー。
2009年
7月8日、第1回総選挙では4位。
2010年
6月9日、第2回総選挙では5位。
9月21日、じゃんけん大会で負けてしまい、初めての選抜落ち。
2011年
6月9日、第3回総選挙では5位。


人物

キャラクター
チームBのエースであり、秋元康に「アイドルになるために生まれたきた」とまで言わしめ、AKB48の「次世代エース候補」とも呼ばれているメンバーの一人。チームBから選抜される様になった4thシングル『BINGO!』以降は、全曲で選抜メンバーに選ばれている(じゃんけん選抜は除く)。
キャッチフレーズは「み~んなの目線を、いただきまゆゆ~。まゆゆこと渡辺麻友です」。
ニックネームは「まゆゆ」。名付け親は米沢瑠美で、当時語尾を二重にするのが流行っていた米沢がメールで「まゆゆ」と呼び、それを渡辺がニックネームとして使用する様になった。基本的にメンバーからは「まゆゆ」「麻友」が多いが、小森美果だけは「なべさん」と呼ぶ。「お尻シスターズ」の時は「しりり」を名乗る。
その容姿と完璧なアイドル性からファンには「CG(シージー)」と呼ばれている。本人はそう呼ばれる事に対して「はじめはどうかと思いましたが、良い意味のCGだと考えたら、大好きになりました」とコメント。ちなみに渡辺は自分の顔が大好きらしく、常に鏡を見ている。
また「アイドルサイボーグ」と呼ばれる事もある。これは元々は松浦亜弥が呼ばれていたもので、渡辺の場合はよく「ショージキ将棋」の際に、この二つ名が使われる。このコーナーでは、小嶋に「実は大島優子が苦手だ」という質問をして大島を傷つけ、高橋みなみには「アイドルを感じない」「一線を置いている」、小嶋陽菜には「ぶりっこをすればどんな男でも落ちると思っている」、峯岸みなみには「峯岸=ガチャピン」などと発言し、対戦者以外にも他の人を巻き込み色々な人を傷つける。
採用されていない質問も含めると、柏木への「清人さんの存在にイラッときた事がある」「篠田麻里子の私服のセンスの良さがわからない」。小野へは「いつも家では鼻をほじる」「大島優子の芝居は観ていられない」。指原へは「高橋のMCは声を張っているだけ」「大分ではファッションリーダーだった」など、いつも厳しい質問を用意している事が多い。
幼少期
両親と二人の姉の5人家族で、三女として生まれる。体重は3428g、逆子だった。
名前の「麻友」の名付け親は祖母で、「麻の木のようにすくすく育って欲しいのと、素晴らしい友達が出来ますように」と願って付けられた。
小1から絵を描くようになり、小5の時に武将の絵を描いていたら友達に見つかってしまったが、「上手い」と言われクラスの人気者になった。それをキッカケにオタク道を進むことになった。
2006年
1月、小学6年生の時、好きなネットサーフィンをしていると、AKB48というアイドルグループを発見。アニメやマンガは好きだが、アイドルにはまったく興味がなかったのに、なぜか強く興味を惹かれる。
2月、自分の意見もまともに言えない様な内気な少女は、一念発起してそのアイドルグループの第2期生オーディションに応募。最終審査まで残ったが落選した。ちなみにもしここで受かっていたら、体育会系と言われるチームKのメンバーとなり、秋元才加や宮澤佐江らと同期になっていた。
12月、3期生(チームB候補生)のオーディションが開催されていたが、やっぱり受けたいと思い再チャレンジ。今度は合格し、晴れてAKB48のメンバーとなった。
2007年
4月8日、結成されたチームBの一員として劇場公演デビュー。
デビューからわずか2日後に足を痛める。亀裂骨折かとも思われたが、実は血管が映っていただけで骨に異常はなかった。しかし足を痛めたのは本当で、長期間休演が続く。
7月18日、デビューからわずか3ヶ月で、4thシングル『BINGO!』の選抜メンバーに選ばれる。
2008年
3月1日、チームB初のオリジナル公演となる「パジャマドライブ」が開始。最初の曲『初日』の中にある歌詞「怪我をして休んだ時 悔しくて泣いた日もある」は、渡辺がデビュー直後に足を怪我し、長期休演した時の事を指している。
6月、プロダクション尾木に移籍。
10月、AKB48グループ内ユニット「渡り廊下走り隊」をプロダクション尾木に所属しているメンバーで結成。センターを務める。
2009年
1月28日、渡り廊下走り隊として『初恋ダッシュ』でユニットデビュー。
7月8日、第1回総選挙では4位。「おかげで自分に自信が持てるようになりました」。
2010年
5月、新チームでの始動1週間前ほど、レッスンで色々言われてしまい、楽屋で泣いていると、柏木由紀が慰めに来てくれて2人でスーパーに夜食を買いに行った。一緒に金平牛蒡を食べたのが、良い思い出だとか。
第2回総選挙の目標順位を聞かれ、第3位と答えた。「1位は狙わないのか?」という質問には、「1位はダメですっ! 万が一、1位なんてとっちゃったら、どうなっちゃうか怖いんです」とコメント。
6月9日、選抜総選挙の結果は、前回より1ランク下がってしまい第5位。「約2万票も票が入っていて、本当に嬉しかったです! ありがとうございました!! ただ、1つ言わせて下さい。本当に悔しいです。悔しくて悔しくてたまりません。去年よりも1つ順位を上げるつもりが、1つ順位が下がってしまいました。改めて、現実の厳しさを痛感しました。次こそは、絶対にもっと上位に入ります!! ベスト3に入ってみせます! この悔しさをバネにもっと上を目指して頑張ります!! 諦めてなんかないです。むしろやる気満々です。まだまだ始まったばかりなんです。次こそは、起こしてみせますCGレボリューション!」と悔しさをブログに投稿した。
9月9日発売の『週刊ヤングジャンプ』41号より、マンガ連載「まゆゆ童話劇場 2次元しか愛せない」がスタート。もともとアイドルではなくマンガ家を目指していたという麻友は、編集部から提案された「いろんな物体をイケメンに擬人化するもの」「童話をまゆゆ流にアレンジするもの」という2つのテーマから後者を選び、第1弾としてグリム童話「赤ずきん」を題材にした2ページのマンガ「まゆゆずきんちゃん気をつけて!」を描き上げた。また今号には、昔描いていたという“まゆゆ先生初期作品”も掲載されている。ちなみに、ペン入れ(仕上げ)をプロの新人作家に任せるという編集部の提案を断り、自らの希望でトーンの仕上げ以外のすべてをひとりで手がけている。今後は月1回のペースで掲載予定。
9月21日、19thシングルの選抜メンバーを決めるじゃんけん大会では、1回戦で増田有華に勝利。しかし2回戦で前田敦子に負けてしまい、19thの選抜メンバーから外れる事になってしまった。これで連続選抜記録は途絶えてしまった。渡辺は前田に対し、「負けてしまったんですけど、AKBはやっぱり「あっちゃん」がセンターじゃなくちゃいけないので、ぜひあっちゃんにはセンターになって欲しいですね」とエールを送った。
もし来年、再び総選挙が行われるとしたら何位を目指すか?。麻「2010年は悔しい思いをしたので2011年こそ…上位を。難しいですよね。ファンの方に『3位を目指します』って言ったら『謙虚にならず、本音を言っていいんだよ』って言われて。だから…(悩)。うー、どうしよ…2位で(苦笑)」。イ「2位で本当にいいんですか?」。麻「じゃぁ1位で、あ~~(絶叫)!」。イ「中途半端に2位っていうより良いんじゃないでしょうか」。麻「そうですね! じゃぁ、もうハッキリ1位で(笑)。なりたいとは思うけど無理だろうなって言うのが本音なんですけどね。でも、やっぱり若いうちにセンターを獲りたいから。そのくらい頑張っていくので、11年もよろしくお願いします!」
2011年
1月20日、「リクエストアワーセットリストベスト100 2011」初日、この日は6曲に登場。さらにヲタ4でMCを担当した。ライブ終了後、秋元康から市川美織と共にMVPに選ばれた。意外にもMVPに選ばれたのは初。
2月14日、読者モデルNとバレンタインデートしていたのではないかと騒動になる(詳細はノート参照。)。
5月11日、今年も行われる総選挙について。一昨年の4位、昨年の5位を上回る好順位も期待されるが、総選挙は「やんなくていいよぉ!」と、消極的。その理由は、「怖い。焦るっていうか…ううん。やっぱり怖いですね」。「一昨年も去年も、イベント前まではけっこう平気なんですよ。でも、あの会場のイスに座って発表の近くになると…もう怖い」。渡辺によるとこの“怖さ”は、順位が決まってしまうことに対する恐怖なのではなく、会場の独特の雰囲気のせいなのだとか。「会場のファンの皆さんの思いとか、空気とか。あの場所は本当にそういうことが直感みたいなので分かるっていうか…だから、あの場所に行くのが怖いんです」。この直感のおかげで、昨年は5位を発表する直前に「『あ……次、呼ばれる』ってわかってしまった」んだとか。1期生、2期生と1位が遷り、次世代を担う最右翼と呼ばれる3期生渡辺の天下獲りは、はたしてあるか?
5月13日、ファースト写真集『まゆゆ』を発売。初の写真集について「今まで見たことのないような表情がたくさん詰まった、お気に入りの一冊になりました!」と出来上がりに満足の様子。また衝撃的な表紙について、「表紙は恥ずかしながらもがんばったのでたくさんの人に見ていただきたいです!」と意気込んでおり、アイドルらしからぬ限界露出にも挑戦している。ちなみに秋元康から寄せられた帯コメントは「大人になんかなるな…」。
5月13日、今年の総選挙の目標。「もう5位はヤダ! 4位もヤダ! 今年は絶対に3位以内に入りたいんです!」。去年、悔し涙を流したあの時から1年。センターを務め渡り廊下走り隊はますます波に乗り、末っ子と呼ばれたチームBのさらに年少組だった渡辺も、リスタートした新チームBでは“先輩”として冷静に全体を見つめ、率先して動けるようにもなった。それでも、「いつまでも“AKBの若い子担当”でいたいんです」。渡辺と言えば、その完璧なアイドルフェイスのみが注目されがち。「元々、チームKの公演を観て優子ちゃんに憧れたんですね。その頃から、歌もダンスもずば抜けてて、衝撃を受けました。だから、私はやっぱりパフォーマンスの実力を身につけて、それで皆さんに認めて貰いたい!」。今年は心機一転し、新しい渡辺で3度目の選挙に挑む。
秋元康予想。「AKBは運動部に近いと思うんです。そこに紛れ込んでいる正統派アイドルが渡辺麻友。だから体育会系っぽいAKBの中で、どこまでいくのかという興味はありますね。『渡り廊下』の人気にも後押しされるでしょうから、伸びる可能性は大きい」
6月9日、今年の順位は去年と同じく第5位。当選挨拶では「去年は4位で今年は5位ということで、順位が安定していてすごく安心しています。でも5位というのはただの数字なので、私はこの数字には左右されません。これからも自分を信じて、皆さんを信じて自分の決めた道を歩いてきます。私は皆さんのことを信じるので、皆さんも私のことを信じてください」とコメントした。去年とは違い、涙は見せなかった。後日のブログでは、「去年よりも倍以上の票数を入れていただきました。私のことを応援して下さったみなさま、本当にありがとうございました! 清々しい笑顔でコメントを述べることができました! あの笑顔でいることができたのも、みなさまのおかげです」と、投票への感謝を述べた。
6月12日、台湾のAKB48オフィシャルショップのプロモーション活動などを行うが、その時、渡辺と、ある台湾男性アイドルとの2ショット写真が流出?して台湾のファンの心にジェラシーの火をつけてしまったとか。渡辺との2ショット写真を中華圏版ツイッターともいえるサイト・微博(ウェイボー)で公開したのは、台湾で活躍するアイドルグループ飛輪海(フェイルンハイ)のケルビンというメンバー。「彼は日本や韓国の音楽を紹介する番組の司会をしているだけあって、日本通。今回もその収録で一緒になり、2ショットを撮影したようです。『AKB48の人気ってホントに凄いね。本人もとっても可愛いんだよ!』と嬉しそうにコメントしていましたが、これが台湾のまゆゆファンの反感を買ったようで、『オレたちのまゆゆと2ショットなんてけしからん!』という書きこみが相次ぎました」。AKB48と渡辺の人気の高さをうかがわせる出来事だが、日本でも台湾でもアイドルファンの反応というのは、あまり変わらないようだ。

交友関係
仲の良いメンバーは、多田愛佳。
同期の旧チームBのメンバーとはよく喋るが、先輩の前だと「はい」しか言わなくなる(柏木由紀談)。ラジオ『AKB48のオールナイトニッポン』の「打ち解けるのに、時間が掛かったメンバー」という質問では、出演した篠田・大島・柏木の全員が渡辺の名前を挙げた。柏木ですら仲良くなるまでに時間が掛かり、篠田や大島と話すようになったのはここ最近だという。
かなりの人見知りで、最初はインタビューなどで手こずるメンバーのひとり。
アニメ好きで、旧チームB内のアニメ好き4人組「ヲタ4」の一人。他のメンバーは、多田愛佳、仲谷明香、田名部生来。
大島優子とは、2人で「お尻シスターズ」を組んでいる。
推しメンは、SKE48の松下唯。
南海キャンディーズ・山里の推しメンが渡辺。メンバーに言わせると、山里はAKBのファンというより、渡辺のファン。
メンバーの中で彼女にするなら、大島優子。「年上なのに一緒にふざけてくれて、楽しい」。
ライバルは、「AKBのみんな。仲間でもあるし、ライバル」
メールはよくするが、返事をできない時は1ヶ月ぐらい時間がかかる。絵文字はシンプルなものを使用。柏木によると、メールはかなり短文。
秋元康との関係。「私もあまり話すタイプではないんですけど、秋元先生も私とあまりしゃべらなくて、ちょっとギクシャクしている…。私の“取扱説明書”を渡せば、もっと私のことを理解してくれると思います」
『AKBINGO!』のAD稲葉との関係。エケベガスの障害物レースに出場し、途中まで1位だったが、途中で稲葉のディフェンスに阻まれ、最後は板野に抜かれ2位に終わる。渡辺は「悔しいです。誰も選んでくれなかったから(誰も渡辺が勝つと予想しなかった)。見返して1位になってやろうと思ったんですけど、無理でした」と悔し涙を流した。しかし慰めに来たサル(高橋みなみ)は「キモい。こっち来ないでよ」と拒絶した。次に「ムチャぶりドッジボール」にAD稲葉が出演すると、渡辺は指を差して、睨み付けていた。佐田が「どうした?」と尋ねると、「もう出ないでほしい。顔も見たくない」と、前回泣かされた事を根に持っているようだった。

性格・趣味
昔はピアノを習っていたが、現在はまったく弾けない。
特技は、「8秒でアナゴさんが描ける」事。他にも「スネ夫を10秒で描く」「花輪君と丸尾君も10秒で描く」などのバリエーションがある。
チャームポイントは、昔は歯だったが、最近は眉毛。
大のアニメ好きで、頭の中の9割を占める(本人談)。『ヘタリア』というアニメが好きで、一番好きなキャラクターはフランシスお兄ちゃん。ノースリーブスの新曲「キスの流星」の発売日にも、ヘタリアのキャラクターCDを買っていた。
ブログの内容は、8割がアニメネタ(柏木由紀談)。
性格は、「自分ではよく分からないけど、周りからは『AB型っぽいね』と言われる」
自他共に認めるネクラな性格だが、好きなアニメの話になると、“高まる”という状態になり、テンションが上がって途端に饒舌になる。
AKBに入って良かった事は、「明るくなったこと」。
性格が、空腹時や、時間によって変わり、本人曰く7人の人格が居るらしい。
ショージキ将棋で柏木の質問に「番組のムチャな企画に本気で腹が立った事がある」という質問があった。結局その質問は採用されなかった為、渡辺がどう思っているかは不明だったが、その後、ムチャぶりドッジボールという企画でアウトにやり、渡辺が“恥ずかしメイク”をするはめになる。この罰ゲームでは、前回仁藤が酷い泥棒メイクにされた為、渡辺は「ヤダヤダ」と激しく拒絶。佐田が「渡辺にやってもらうのは、どぜうもんメイク」と発表すると、「誰がどぜうもんじゃ!」と珍しくマジギレする姿が放送された。
仲谷明香曰く、渡辺は「絶対に泣かない」タイプなのだとか。でも本人曰く、「AKBに入ってから涙を流す機会が増えました」と言っているように、新公演のレッスン、エケベガス、選抜総選挙など結構負けず嫌いな性格なのか、悔し涙を見せる事も。
渡り廊下のメンバー曰く、いつも鏡を見ている。
お金には関してはキッチリしており、1円単位まで割り勘にする。足りなかった場合は、後日「この前のさあ―」と言ってくる。
一人カラオケにも行ける。歌うのはもちろんアニソン。
お化け屋敷、ジェットコースターの類は苦手。
ショージキ将棋で柏木の質問に「正直、腹の中は真っ黒だ」、小野の質問には「可愛い顔してドSだ」というものがあった。
テレビとプライベートでは全くの別人だが、性格が悪いというのではなく、かなりはしゃぐタイプで、どちらかというと大島優子に似ているとか。そのため最近は大島と仲が良い。
長所は、悩み事があっても3分で忘れてしまうこと。
短所は、熱しやすく冷めやすいところ。
癖は、前髪を触ること。
前髪のセットに命をかけており、どれだけ激しく踊っても乱れない完璧な前髪が特徴。菊地あやかによると、「いつも2時間ぐらいかけてセットしてますよ。分け目の角度、左右の髪のバランスなど、すべてが完璧じゃないとダメみたいです。ずっと前髪いじってますから」。他にも「4年間一緒にいるけど、おでこを見たことが無い」など、常人離れしたエピソードを持つ。渡辺には“理想の前髪”というものがあり、寝癖など複数の要素が重なり合った結果、ごくたまにパーフェクトな前髪となる日がある。「そんな日は、スーパーサイヤ人とでも申しましょうか、誰にも負ける気がしない」
またいくらメンバーであろうと、前髪には絶対触らせない。松原夏海「まゆゆの前髪に触れちゃいけないっていうのは、AKB全体の暗黙のルールなんですよ。今まで誰も触った子は一人もいないはずですよ。もし不用意に触ろうものなら、一生、口をきいてもらえないでしょうね」。
『桜の木になろう』大阪握手会で行われたメンバーアンケート「最も自分が一番可愛いと思っているメンバー」に選ばれる。大島優子に「よく鏡を見ているって言うよね?」と言われると、「電車の扉の窓に映る自分をよく見ます。30分電車に乗ったら25分見ています」とあっさり認めて会場をどよめかせた。
メンバーから借りた物を返さない。指原はゲーム、柏木はマンガを貸したが、2年経っても返ってこない。
アルパカが好き。ペットで飼っている(ぬいぐるみ)。
実は下品な下ネタが好き。
お尻に「強弱がある」。筋肉質ということらしく、力を入れるとかなり硬くできる。
口癖は、「あっ、はい、大丈夫です」好きな言葉は「もふもふ」。
ネット好きであり、自身のブログでは「~だお」「テラ~」「やびゃあ」などを使用する。
パソコンはなくてはならないもの。毎日使っている。
よく見るサイトは、pixiv、ニコニコ動画。ショージキ将棋では、「ネットで自分の名前を検索して人気を確かめている」という質問で針が反応している。
部屋は足の踏み場がない物置と化しており、半年以上入ってもいない。ベッドの中にも物が溢れているため、今はリビングで寝ている。
好きな食べ物は、きのこ。お菓子。お肉。マカロン。わかめ。白いご飯。
好きな飲み物は、ピルクル。
将来の夢は女優で、目標は仲間由紀恵。「今までにない、新しい感じの女優になりたい」。その後、「考え中」になり、今は「ラーメン屋」。
好きな男性のタイプは、背が高くて、面白い人。
初恋は、「多分、まだしてない。二次元だとあるけど(笑)」
肉食系と草食系なら、どちらかと言えば草食系男子の方が好き。
好きなブランドは、「CUNE」、「one*spo」。あんまり詳しくはない。
好きなアーティストは、椎名林檎。ミッシェルガンエレファント。
香水は一度もつけた事が無い。種類が多すぎてよく分からない。
人生で一番初めに買ったCDは、AKB48の『桜の花びらたち』。
好きな場所は、自分の家。夢の国。みなとみらい。
トイレが長い。メンバーによると、一度トイレに行くと10~20分は帰ってこない。本人によると、長いときは2時間以上入っている時もある。
スポーツは全般的に苦手。


参加曲

シングル選抜曲
4th BINGO!
5th 僕の太陽
6th 夕陽を見ているか?
7th ロマンス、イラネ
8th 桜の花びらたち2008
9th Baby! Baby! Baby!
10th 大声ダイヤモンド
11th 10年桜
12th 涙サプライズ!
13th 言い訳Maybe
14th RIVER
15th 桜の栞
16th ポニーテールとシュシュ
17th ヘビーローテーション
18th Beginner
20th 桜の木になろう
21st Everyday、カチューシャ
22nd フライングゲット



全ての記事を表示する


にほんブログ村 芸能ブログ アキバ系アイドルへ


Powered by AKB48全推し!!


AKB48
全ての記事を表示する
カテゴリ
アクセスランキング
あなたにオススメ♪
AKB48
RSS
Powered by RSSリスティング
カウンター


アクセスランキング AKB48