AKB48の最新ニュースやスキャンダルをお届け!

AKB48全推し!!AKB48の最新ニュースやスキャンダルをお届け!

AKB48 メンバー一覧|メンバー紹介|画像|人気投票|歌詞|新チーム|振り付け|動画|熱愛|恋愛|噂|脱退|水着|総選挙|コンサート|SKE48|NMB48
AKB48全推し!!AKB48の最新ニュースやスキャンダルをお届け! TOP > 渡辺麻友(チームB)
カテゴリー  [ 渡辺麻友(チームB) ]

渡辺麻友

★AKB48の最新アイテムはコチラで!!
img_watanabe.jpg

渡辺 麻友(わたなべ まゆ、1994年3月26日 - )は、AKB48チームB、並びに「渡り廊下走り隊」のメンバー。埼玉県出身。プロダクション尾木所属。


所属事務所 プロダクション尾木
年齢 17歳
ニックネーム まゆゆ
生年月日 1994年3月26日
出身地 埼玉県
血液型 AB型
身長、体重 154cm
スリーサイズ B71 W55 H82
合格期 3期生
所属 チームB
選抜回数 18回
第1回総選挙 4位
第2回総選挙 5位
第3回総選挙 5位
じゃんけん選抜 2回戦敗退


略歴

2006年
2月、AKB48第2期生オーディションに応募するも不合格。
12月、3期生オーディションに合格。
2007年
4月8日、チームBの一員として劇場公演デビュー。
2009年
7月8日、第1回総選挙では4位。
2010年
6月9日、第2回総選挙では5位。
9月21日、じゃんけん大会で負けてしまい、初めての選抜落ち。
2011年
6月9日、第3回総選挙では5位。


人物

キャラクター
チームBのエースであり、秋元康に「アイドルになるために生まれたきた」とまで言わしめ、AKB48の「次世代エース候補」とも呼ばれているメンバーの一人。チームBから選抜される様になった4thシングル『BINGO!』以降は、全曲で選抜メンバーに選ばれている(じゃんけん選抜は除く)。
キャッチフレーズは「み~んなの目線を、いただきまゆゆ~。まゆゆこと渡辺麻友です」。
ニックネームは「まゆゆ」。名付け親は米沢瑠美で、当時語尾を二重にするのが流行っていた米沢がメールで「まゆゆ」と呼び、それを渡辺がニックネームとして使用する様になった。基本的にメンバーからは「まゆゆ」「麻友」が多いが、小森美果だけは「なべさん」と呼ぶ。「お尻シスターズ」の時は「しりり」を名乗る。
その容姿と完璧なアイドル性からファンには「CG(シージー)」と呼ばれている。本人はそう呼ばれる事に対して「はじめはどうかと思いましたが、良い意味のCGだと考えたら、大好きになりました」とコメント。ちなみに渡辺は自分の顔が大好きらしく、常に鏡を見ている。
また「アイドルサイボーグ」と呼ばれる事もある。これは元々は松浦亜弥が呼ばれていたもので、渡辺の場合はよく「ショージキ将棋」の際に、この二つ名が使われる。このコーナーでは、小嶋に「実は大島優子が苦手だ」という質問をして大島を傷つけ、高橋みなみには「アイドルを感じない」「一線を置いている」、小嶋陽菜には「ぶりっこをすればどんな男でも落ちると思っている」、峯岸みなみには「峯岸=ガチャピン」などと発言し、対戦者以外にも他の人を巻き込み色々な人を傷つける。
採用されていない質問も含めると、柏木への「清人さんの存在にイラッときた事がある」「篠田麻里子の私服のセンスの良さがわからない」。小野へは「いつも家では鼻をほじる」「大島優子の芝居は観ていられない」。指原へは「高橋のMCは声を張っているだけ」「大分ではファッションリーダーだった」など、いつも厳しい質問を用意している事が多い。
幼少期
両親と二人の姉の5人家族で、三女として生まれる。体重は3428g、逆子だった。
名前の「麻友」の名付け親は祖母で、「麻の木のようにすくすく育って欲しいのと、素晴らしい友達が出来ますように」と願って付けられた。
小1から絵を描くようになり、小5の時に武将の絵を描いていたら友達に見つかってしまったが、「上手い」と言われクラスの人気者になった。それをキッカケにオタク道を進むことになった。
2006年
1月、小学6年生の時、好きなネットサーフィンをしていると、AKB48というアイドルグループを発見。アニメやマンガは好きだが、アイドルにはまったく興味がなかったのに、なぜか強く興味を惹かれる。
2月、自分の意見もまともに言えない様な内気な少女は、一念発起してそのアイドルグループの第2期生オーディションに応募。最終審査まで残ったが落選した。ちなみにもしここで受かっていたら、体育会系と言われるチームKのメンバーとなり、秋元才加や宮澤佐江らと同期になっていた。
12月、3期生(チームB候補生)のオーディションが開催されていたが、やっぱり受けたいと思い再チャレンジ。今度は合格し、晴れてAKB48のメンバーとなった。
2007年
4月8日、結成されたチームBの一員として劇場公演デビュー。
デビューからわずか2日後に足を痛める。亀裂骨折かとも思われたが、実は血管が映っていただけで骨に異常はなかった。しかし足を痛めたのは本当で、長期間休演が続く。
7月18日、デビューからわずか3ヶ月で、4thシングル『BINGO!』の選抜メンバーに選ばれる。
2008年
3月1日、チームB初のオリジナル公演となる「パジャマドライブ」が開始。最初の曲『初日』の中にある歌詞「怪我をして休んだ時 悔しくて泣いた日もある」は、渡辺がデビュー直後に足を怪我し、長期休演した時の事を指している。
6月、プロダクション尾木に移籍。
10月、AKB48グループ内ユニット「渡り廊下走り隊」をプロダクション尾木に所属しているメンバーで結成。センターを務める。
2009年
1月28日、渡り廊下走り隊として『初恋ダッシュ』でユニットデビュー。
7月8日、第1回総選挙では4位。「おかげで自分に自信が持てるようになりました」。
2010年
5月、新チームでの始動1週間前ほど、レッスンで色々言われてしまい、楽屋で泣いていると、柏木由紀が慰めに来てくれて2人でスーパーに夜食を買いに行った。一緒に金平牛蒡を食べたのが、良い思い出だとか。
第2回総選挙の目標順位を聞かれ、第3位と答えた。「1位は狙わないのか?」という質問には、「1位はダメですっ! 万が一、1位なんてとっちゃったら、どうなっちゃうか怖いんです」とコメント。
6月9日、選抜総選挙の結果は、前回より1ランク下がってしまい第5位。「約2万票も票が入っていて、本当に嬉しかったです! ありがとうございました!! ただ、1つ言わせて下さい。本当に悔しいです。悔しくて悔しくてたまりません。去年よりも1つ順位を上げるつもりが、1つ順位が下がってしまいました。改めて、現実の厳しさを痛感しました。次こそは、絶対にもっと上位に入ります!! ベスト3に入ってみせます! この悔しさをバネにもっと上を目指して頑張ります!! 諦めてなんかないです。むしろやる気満々です。まだまだ始まったばかりなんです。次こそは、起こしてみせますCGレボリューション!」と悔しさをブログに投稿した。
9月9日発売の『週刊ヤングジャンプ』41号より、マンガ連載「まゆゆ童話劇場 2次元しか愛せない」がスタート。もともとアイドルではなくマンガ家を目指していたという麻友は、編集部から提案された「いろんな物体をイケメンに擬人化するもの」「童話をまゆゆ流にアレンジするもの」という2つのテーマから後者を選び、第1弾としてグリム童話「赤ずきん」を題材にした2ページのマンガ「まゆゆずきんちゃん気をつけて!」を描き上げた。また今号には、昔描いていたという“まゆゆ先生初期作品”も掲載されている。ちなみに、ペン入れ(仕上げ)をプロの新人作家に任せるという編集部の提案を断り、自らの希望でトーンの仕上げ以外のすべてをひとりで手がけている。今後は月1回のペースで掲載予定。
9月21日、19thシングルの選抜メンバーを決めるじゃんけん大会では、1回戦で増田有華に勝利。しかし2回戦で前田敦子に負けてしまい、19thの選抜メンバーから外れる事になってしまった。これで連続選抜記録は途絶えてしまった。渡辺は前田に対し、「負けてしまったんですけど、AKBはやっぱり「あっちゃん」がセンターじゃなくちゃいけないので、ぜひあっちゃんにはセンターになって欲しいですね」とエールを送った。
もし来年、再び総選挙が行われるとしたら何位を目指すか?。麻「2010年は悔しい思いをしたので2011年こそ…上位を。難しいですよね。ファンの方に『3位を目指します』って言ったら『謙虚にならず、本音を言っていいんだよ』って言われて。だから…(悩)。うー、どうしよ…2位で(苦笑)」。イ「2位で本当にいいんですか?」。麻「じゃぁ1位で、あ~~(絶叫)!」。イ「中途半端に2位っていうより良いんじゃないでしょうか」。麻「そうですね! じゃぁ、もうハッキリ1位で(笑)。なりたいとは思うけど無理だろうなって言うのが本音なんですけどね。でも、やっぱり若いうちにセンターを獲りたいから。そのくらい頑張っていくので、11年もよろしくお願いします!」
2011年
1月20日、「リクエストアワーセットリストベスト100 2011」初日、この日は6曲に登場。さらにヲタ4でMCを担当した。ライブ終了後、秋元康から市川美織と共にMVPに選ばれた。意外にもMVPに選ばれたのは初。
2月14日、読者モデルNとバレンタインデートしていたのではないかと騒動になる(詳細はノート参照。)。
5月11日、今年も行われる総選挙について。一昨年の4位、昨年の5位を上回る好順位も期待されるが、総選挙は「やんなくていいよぉ!」と、消極的。その理由は、「怖い。焦るっていうか…ううん。やっぱり怖いですね」。「一昨年も去年も、イベント前まではけっこう平気なんですよ。でも、あの会場のイスに座って発表の近くになると…もう怖い」。渡辺によるとこの“怖さ”は、順位が決まってしまうことに対する恐怖なのではなく、会場の独特の雰囲気のせいなのだとか。「会場のファンの皆さんの思いとか、空気とか。あの場所は本当にそういうことが直感みたいなので分かるっていうか…だから、あの場所に行くのが怖いんです」。この直感のおかげで、昨年は5位を発表する直前に「『あ……次、呼ばれる』ってわかってしまった」んだとか。1期生、2期生と1位が遷り、次世代を担う最右翼と呼ばれる3期生渡辺の天下獲りは、はたしてあるか?
5月13日、ファースト写真集『まゆゆ』を発売。初の写真集について「今まで見たことのないような表情がたくさん詰まった、お気に入りの一冊になりました!」と出来上がりに満足の様子。また衝撃的な表紙について、「表紙は恥ずかしながらもがんばったのでたくさんの人に見ていただきたいです!」と意気込んでおり、アイドルらしからぬ限界露出にも挑戦している。ちなみに秋元康から寄せられた帯コメントは「大人になんかなるな…」。
5月13日、今年の総選挙の目標。「もう5位はヤダ! 4位もヤダ! 今年は絶対に3位以内に入りたいんです!」。去年、悔し涙を流したあの時から1年。センターを務め渡り廊下走り隊はますます波に乗り、末っ子と呼ばれたチームBのさらに年少組だった渡辺も、リスタートした新チームBでは“先輩”として冷静に全体を見つめ、率先して動けるようにもなった。それでも、「いつまでも“AKBの若い子担当”でいたいんです」。渡辺と言えば、その完璧なアイドルフェイスのみが注目されがち。「元々、チームKの公演を観て優子ちゃんに憧れたんですね。その頃から、歌もダンスもずば抜けてて、衝撃を受けました。だから、私はやっぱりパフォーマンスの実力を身につけて、それで皆さんに認めて貰いたい!」。今年は心機一転し、新しい渡辺で3度目の選挙に挑む。
秋元康予想。「AKBは運動部に近いと思うんです。そこに紛れ込んでいる正統派アイドルが渡辺麻友。だから体育会系っぽいAKBの中で、どこまでいくのかという興味はありますね。『渡り廊下』の人気にも後押しされるでしょうから、伸びる可能性は大きい」
6月9日、今年の順位は去年と同じく第5位。当選挨拶では「去年は4位で今年は5位ということで、順位が安定していてすごく安心しています。でも5位というのはただの数字なので、私はこの数字には左右されません。これからも自分を信じて、皆さんを信じて自分の決めた道を歩いてきます。私は皆さんのことを信じるので、皆さんも私のことを信じてください」とコメントした。去年とは違い、涙は見せなかった。後日のブログでは、「去年よりも倍以上の票数を入れていただきました。私のことを応援して下さったみなさま、本当にありがとうございました! 清々しい笑顔でコメントを述べることができました! あの笑顔でいることができたのも、みなさまのおかげです」と、投票への感謝を述べた。
6月12日、台湾のAKB48オフィシャルショップのプロモーション活動などを行うが、その時、渡辺と、ある台湾男性アイドルとの2ショット写真が流出?して台湾のファンの心にジェラシーの火をつけてしまったとか。渡辺との2ショット写真を中華圏版ツイッターともいえるサイト・微博(ウェイボー)で公開したのは、台湾で活躍するアイドルグループ飛輪海(フェイルンハイ)のケルビンというメンバー。「彼は日本や韓国の音楽を紹介する番組の司会をしているだけあって、日本通。今回もその収録で一緒になり、2ショットを撮影したようです。『AKB48の人気ってホントに凄いね。本人もとっても可愛いんだよ!』と嬉しそうにコメントしていましたが、これが台湾のまゆゆファンの反感を買ったようで、『オレたちのまゆゆと2ショットなんてけしからん!』という書きこみが相次ぎました」。AKB48と渡辺の人気の高さをうかがわせる出来事だが、日本でも台湾でもアイドルファンの反応というのは、あまり変わらないようだ。

交友関係
仲の良いメンバーは、多田愛佳。
同期の旧チームBのメンバーとはよく喋るが、先輩の前だと「はい」しか言わなくなる(柏木由紀談)。ラジオ『AKB48のオールナイトニッポン』の「打ち解けるのに、時間が掛かったメンバー」という質問では、出演した篠田・大島・柏木の全員が渡辺の名前を挙げた。柏木ですら仲良くなるまでに時間が掛かり、篠田や大島と話すようになったのはここ最近だという。
かなりの人見知りで、最初はインタビューなどで手こずるメンバーのひとり。
アニメ好きで、旧チームB内のアニメ好き4人組「ヲタ4」の一人。他のメンバーは、多田愛佳、仲谷明香、田名部生来。
大島優子とは、2人で「お尻シスターズ」を組んでいる。
推しメンは、SKE48の松下唯。
南海キャンディーズ・山里の推しメンが渡辺。メンバーに言わせると、山里はAKBのファンというより、渡辺のファン。
メンバーの中で彼女にするなら、大島優子。「年上なのに一緒にふざけてくれて、楽しい」。
ライバルは、「AKBのみんな。仲間でもあるし、ライバル」
メールはよくするが、返事をできない時は1ヶ月ぐらい時間がかかる。絵文字はシンプルなものを使用。柏木によると、メールはかなり短文。
秋元康との関係。「私もあまり話すタイプではないんですけど、秋元先生も私とあまりしゃべらなくて、ちょっとギクシャクしている…。私の“取扱説明書”を渡せば、もっと私のことを理解してくれると思います」
『AKBINGO!』のAD稲葉との関係。エケベガスの障害物レースに出場し、途中まで1位だったが、途中で稲葉のディフェンスに阻まれ、最後は板野に抜かれ2位に終わる。渡辺は「悔しいです。誰も選んでくれなかったから(誰も渡辺が勝つと予想しなかった)。見返して1位になってやろうと思ったんですけど、無理でした」と悔し涙を流した。しかし慰めに来たサル(高橋みなみ)は「キモい。こっち来ないでよ」と拒絶した。次に「ムチャぶりドッジボール」にAD稲葉が出演すると、渡辺は指を差して、睨み付けていた。佐田が「どうした?」と尋ねると、「もう出ないでほしい。顔も見たくない」と、前回泣かされた事を根に持っているようだった。

性格・趣味
昔はピアノを習っていたが、現在はまったく弾けない。
特技は、「8秒でアナゴさんが描ける」事。他にも「スネ夫を10秒で描く」「花輪君と丸尾君も10秒で描く」などのバリエーションがある。
チャームポイントは、昔は歯だったが、最近は眉毛。
大のアニメ好きで、頭の中の9割を占める(本人談)。『ヘタリア』というアニメが好きで、一番好きなキャラクターはフランシスお兄ちゃん。ノースリーブスの新曲「キスの流星」の発売日にも、ヘタリアのキャラクターCDを買っていた。
ブログの内容は、8割がアニメネタ(柏木由紀談)。
性格は、「自分ではよく分からないけど、周りからは『AB型っぽいね』と言われる」
自他共に認めるネクラな性格だが、好きなアニメの話になると、“高まる”という状態になり、テンションが上がって途端に饒舌になる。
AKBに入って良かった事は、「明るくなったこと」。
性格が、空腹時や、時間によって変わり、本人曰く7人の人格が居るらしい。
ショージキ将棋で柏木の質問に「番組のムチャな企画に本気で腹が立った事がある」という質問があった。結局その質問は採用されなかった為、渡辺がどう思っているかは不明だったが、その後、ムチャぶりドッジボールという企画でアウトにやり、渡辺が“恥ずかしメイク”をするはめになる。この罰ゲームでは、前回仁藤が酷い泥棒メイクにされた為、渡辺は「ヤダヤダ」と激しく拒絶。佐田が「渡辺にやってもらうのは、どぜうもんメイク」と発表すると、「誰がどぜうもんじゃ!」と珍しくマジギレする姿が放送された。
仲谷明香曰く、渡辺は「絶対に泣かない」タイプなのだとか。でも本人曰く、「AKBに入ってから涙を流す機会が増えました」と言っているように、新公演のレッスン、エケベガス、選抜総選挙など結構負けず嫌いな性格なのか、悔し涙を見せる事も。
渡り廊下のメンバー曰く、いつも鏡を見ている。
お金には関してはキッチリしており、1円単位まで割り勘にする。足りなかった場合は、後日「この前のさあ―」と言ってくる。
一人カラオケにも行ける。歌うのはもちろんアニソン。
お化け屋敷、ジェットコースターの類は苦手。
ショージキ将棋で柏木の質問に「正直、腹の中は真っ黒だ」、小野の質問には「可愛い顔してドSだ」というものがあった。
テレビとプライベートでは全くの別人だが、性格が悪いというのではなく、かなりはしゃぐタイプで、どちらかというと大島優子に似ているとか。そのため最近は大島と仲が良い。
長所は、悩み事があっても3分で忘れてしまうこと。
短所は、熱しやすく冷めやすいところ。
癖は、前髪を触ること。
前髪のセットに命をかけており、どれだけ激しく踊っても乱れない完璧な前髪が特徴。菊地あやかによると、「いつも2時間ぐらいかけてセットしてますよ。分け目の角度、左右の髪のバランスなど、すべてが完璧じゃないとダメみたいです。ずっと前髪いじってますから」。他にも「4年間一緒にいるけど、おでこを見たことが無い」など、常人離れしたエピソードを持つ。渡辺には“理想の前髪”というものがあり、寝癖など複数の要素が重なり合った結果、ごくたまにパーフェクトな前髪となる日がある。「そんな日は、スーパーサイヤ人とでも申しましょうか、誰にも負ける気がしない」
またいくらメンバーであろうと、前髪には絶対触らせない。松原夏海「まゆゆの前髪に触れちゃいけないっていうのは、AKB全体の暗黙のルールなんですよ。今まで誰も触った子は一人もいないはずですよ。もし不用意に触ろうものなら、一生、口をきいてもらえないでしょうね」。
『桜の木になろう』大阪握手会で行われたメンバーアンケート「最も自分が一番可愛いと思っているメンバー」に選ばれる。大島優子に「よく鏡を見ているって言うよね?」と言われると、「電車の扉の窓に映る自分をよく見ます。30分電車に乗ったら25分見ています」とあっさり認めて会場をどよめかせた。
メンバーから借りた物を返さない。指原はゲーム、柏木はマンガを貸したが、2年経っても返ってこない。
アルパカが好き。ペットで飼っている(ぬいぐるみ)。
実は下品な下ネタが好き。
お尻に「強弱がある」。筋肉質ということらしく、力を入れるとかなり硬くできる。
口癖は、「あっ、はい、大丈夫です」好きな言葉は「もふもふ」。
ネット好きであり、自身のブログでは「~だお」「テラ~」「やびゃあ」などを使用する。
パソコンはなくてはならないもの。毎日使っている。
よく見るサイトは、pixiv、ニコニコ動画。ショージキ将棋では、「ネットで自分の名前を検索して人気を確かめている」という質問で針が反応している。
部屋は足の踏み場がない物置と化しており、半年以上入ってもいない。ベッドの中にも物が溢れているため、今はリビングで寝ている。
好きな食べ物は、きのこ。お菓子。お肉。マカロン。わかめ。白いご飯。
好きな飲み物は、ピルクル。
将来の夢は女優で、目標は仲間由紀恵。「今までにない、新しい感じの女優になりたい」。その後、「考え中」になり、今は「ラーメン屋」。
好きな男性のタイプは、背が高くて、面白い人。
初恋は、「多分、まだしてない。二次元だとあるけど(笑)」
肉食系と草食系なら、どちらかと言えば草食系男子の方が好き。
好きなブランドは、「CUNE」、「one*spo」。あんまり詳しくはない。
好きなアーティストは、椎名林檎。ミッシェルガンエレファント。
香水は一度もつけた事が無い。種類が多すぎてよく分からない。
人生で一番初めに買ったCDは、AKB48の『桜の花びらたち』。
好きな場所は、自分の家。夢の国。みなとみらい。
トイレが長い。メンバーによると、一度トイレに行くと10~20分は帰ってこない。本人によると、長いときは2時間以上入っている時もある。
スポーツは全般的に苦手。


参加曲

シングル選抜曲
4th BINGO!
5th 僕の太陽
6th 夕陽を見ているか?
7th ロマンス、イラネ
8th 桜の花びらたち2008
9th Baby! Baby! Baby!
10th 大声ダイヤモンド
11th 10年桜
12th 涙サプライズ!
13th 言い訳Maybe
14th RIVER
15th 桜の栞
16th ポニーテールとシュシュ
17th ヘビーローテーション
18th Beginner
20th 桜の木になろう
21st Everyday、カチューシャ
22nd フライングゲット



全ての記事を表示する


にほんブログ村 芸能ブログ アキバ系アイドルへ


Powered by AKB48全推し!!


AKB48
スポンサーサイト



全ての記事を表示する
カテゴリ
アクセスランキング
あなたにオススメ♪
AKB48
RSS
Powered by RSSリスティング
カウンター


アクセスランキング AKB48