AKB48の最新ニュースやスキャンダルをお届け!

AKB48全推し!!AKB48の最新ニュースやスキャンダルをお届け!

AKB48 メンバー一覧|メンバー紹介|画像|人気投票|歌詞|新チーム|振り付け|動画|熱愛|恋愛|噂|脱退|水着|総選挙|コンサート|SKE48|NMB48
AKB48全推し!!AKB48の最新ニュースやスキャンダルをお届け! TOP > 仲俣汐里(チーム4)
カテゴリー  [ 仲俣汐里(チーム4) ]

仲俣汐里

★AKB48の最新アイテムはコチラで!!
img_nakamata.jpg

仲俣 汐里(なかまた しおり、1992年7月25日 - )は、AKB48チーム4のメンバー。東京都出身。AKS所属。


所属事務所 AKS
年齢 18歳
ニックネーム しおりん
生年月日 1992年7月25日
出身地 東京都
身長、体重 150cm
スリーサイズ B73 W56 H75
合格期 10期生
所属 研究生→チーム4
選抜回数 0回
第1回総選挙 不参加
第2回総選挙 不参加
第3回総選挙 圏外
じゃんけん選抜 1回戦敗退


略歴

2010年
3月、AKB48第10期研究生オーディションに合格。研究生候補となる。
6月、セレクション審査に合格。AKB48の研究生となる。
6月19日、劇場公演デビュー。
9月、2度目のセレクション審査に合格。
2011年
2月12日、正規メンバーに昇格することが発表(所属未定)。
6月6日、新たに結成された「チーム4」に昇格。


人物

キャラクター
キャッチフレーズは、現在考え中。「めだかの学校は~♪ 川のなかまった~。しおりんこと、仲俣汐里です」。「い~つもみんなの心の中、なかまった~」など。
公式ニックネームは「しおりん」。研究生からは「なかまったー」。
チャームポイントは、ほっぺ。「じゃがいも顔とか、アンパンマン顔とも言われるなあ。でも、それを気にせず笑っているところと、ほっぺがチャームポイントです」。「去年まではバスに乗ったら『子供料金じゃなくていいの?』と心配されました。でもよく見ると、老け顔なんです」
研究生イチの秀才と言われ、メンバーの宿題などを手伝ったり、英語のファンレターを訳したりしている。
ダンスはAKBに入るまで経験がなかった。
将来の目標は、ソロ歌手。リポーター。
幼少期
スイス生まれ。
中学に進学。ちなみに、現在早大の人間科学部eスクール(通信教育課程)に在学中のチームB佐藤夏希と同じ学校。
高校は、早大の附属高校に進学。
AKB48として
高校2年生の終わりの2010年3月に、AKB48のオーディションに合格。ちなみに、10期生では最年長。戸賀崎によると合格した理由は、「愛嬌があるし、リーダー候補として入れました。チームは頭が良くないと、まとめられないんですよ」。
6月のセレクション審査に合格。候補生から、正式なAKB48の研究生となる。
6月19日、チームB5th「シアターの女神」公演で劇場デビュー。以後は、研究生公演とチームB北原里英のアンダーとして活動。公演デビューから昇格までの半年間で140公演に出演した。これは10期生最多。(9期生の多い者で200公演程度)。
仲俣の最大の魅力とも言えるのが、連日の公演に出続けた上に、誰よりもファンへの感謝を伝えるための労力を惜しまなかったこと。それが発揮されているのが、劇場公演の有料配信サービス「DMM LIVE!! ON DEMAND」に掲載されるファン向け手書きコメントだ。これは公演を終えたメンバーがその日の公演の感想を書き、ネットで公開しているもので、これが如実にメンバーの個性、公演への思い入れの深さを表現していると言っても過言ではない。一部のメンバーは殴り書きのように乱雑に書き、やっつけ仕事のようにしているのも事実だが、一方仲俣は、加入して以来一貫して、全メンバーの中でも群を抜いて小さい文字で、用紙にびっしりとファンへの感謝、次の公演への目標、先輩メンバーから学んだ点を綴っていた。時にイラスト、絵文字、4コマ漫画までも配したそれは、もはやAKB48研究レポートのようだった。
2010年7月のライブ「サプライズはありません」にて、じゃんけん選抜の開催が発表。予戦として研究生20名がじゃんけんを行うが、勝ち残り9月21日の本戦出場権を手に入れた。
対戦相手の河西智美については、仲俣の方は「研究生だからって冷たくせず~」と面識があるように語っていたが、河西の方は仲俣と1回も喋った事が無いと書いている。また河西はラジオで何度かじゃんけん選抜の話になったが、対戦相手の「仲俣汐里」という名前がいつも読めなかった。
9月21日、じゃんけん大会当日、研究生予選では「パー」で勝ち抜いたため、河西戦でも「パー」をだしたが敗北。「パーに裏切られました(笑)」。ちなみに「意外に緊張しないタイプなので、舞台に上がった時も、思ったよりもお客さんの顔が見えるんだなーって」感じでまったく緊張はしなかったとか。ただし勝てる自信も無かったとか。
2011年2月12日、チーム研究生公演にサプライズで登場し、私学の最高峰とも呼ばれる早大政経学部経済学科に推薦で合格した事を報告した。現在早大の附属高校に在学中で、この日第一希望だった政経学部への入学決定通知が届いたという。AKBの研究生となってからも、公演の曲の合間や、移動時などを暗記の時間に充て、試験前は3時間の睡眠で集中的に勉強。「学業とAKBの活動を両立することは簡単じゃなくて、何度も、どっちか辞めちゃおうかなと思ったこともあったんですけど、そういう時もメンバーのみんなが『学校頑張っているね』とか『大丈夫』とか言ってくれたり、ファンの方も握手会で『両立頑張ってね』って言ってくれたりして、そのおかげで合格することができました」と瞳を潤ませた。
そこにサルオバサンが登場し、秋元康から送られてきたメールを読み上げた。「合格をスタッフから聞きました。おめでとう。AKBと受験勉強の両立は本当に大変だったと思います。よく頑張りましたね。この頑張りがあれば、君の夢も叶うと思います。君の頑張りは、AKBのメンバーに一番大切な事だと思うので、その努力を称え、仲俣汐里を今日2月12日、研究生から正規メンバーに昇格させます。本当におめでとう」。
プロデューサーから送られた思わぬ“合格祝い”に涙を流して喜ぶと、研究生仲間からも「おめでとう」というお祝いの言葉が贈られた。仲俣は研究生公演の他にもチームBのアンダーとしても活動、月の半分は公演に出演していた。また学業も疎かにせず、きちんと両立させた事が評価に繋がった。ちなみに、10期生からの昇格者は初。公演後、仲俣はインタビューに応え「昇格はまさかでびっくりしました。でもゴールではないので、学業も両立させて頑張っていきたい」「埋もれないように頑張りたい。公演では表情を意識している。それが個性だと思っている。選抜メンバーに入りたい」と今後の意気込みを語った。
4月2日、NHKラジオ第1の新番組「カケダセ!」で、大場美奈と共にMCを担当。「私もリスナーの皆さんと同じ10代です。皆さんの悩みや相談に乗って、それが少しでも励みになれればいいなと思っています。色んな方に出会う事で自分自身も成長して行けるのではないかと感じています! そして、この番組を通してリスナーの皆さんと一緒に夢を追いかけていければと思っています! 宜しくお願いします!」
5月2日、先輩女子大生メンバーが出演してきたテレビ朝日「Qさま!!」に出演。
6月3日、ドラマ『マジすか学園2』に仲俣役で出演。

性格・趣味
性格はマイペース。
長所は、社交的なところ。短所は、ボケている時がある。
趣味は、食べること。散歩。
特技は、パン作り。人の顔と名前を覚える。
好きな食べ物は、漬け物。
嫌いな食べ物はなし。なんでも食べられる。
パンを買ってきて、それを写真に撮って集めている。暇なときに見てニヤ~ってしている。
休日の過ごし方は、パンを作る。
好きな男性のタイプは、おおらかな人。おだやかな人。笑顔が可愛い人。



全ての記事を表示する


にほんブログ村 芸能ブログ アキバ系アイドルへ


Powered by AKB48全推し!!


AKB48
スポンサーサイト



全ての記事を表示する
カテゴリ
アクセスランキング
あなたにオススメ♪
AKB48
RSS
Powered by RSSリスティング
カウンター


アクセスランキング AKB48