AKB48の最新ニュースやスキャンダルをお届け!

AKB48全推し!!AKB48の最新ニュースやスキャンダルをお届け!

AKB48 メンバー一覧|メンバー紹介|画像|人気投票|歌詞|新チーム|振り付け|動画|熱愛|恋愛|噂|脱退|水着|総選挙|コンサート|SKE48|NMB48
AKB48全推し!!AKB48の最新ニュースやスキャンダルをお届け! TOP > 篠田麻里子(チームA)
カテゴリー  [ 篠田麻里子(チームA) ]

篠田麻里子

★AKB48の最新アイテムはコチラで!!
img_shinoda_2011_4.jpg
篠田 麻里子(しのだ まりこ、1986年3月11日 - )は、AKB48チームAのメンバー。福岡県出身。サムデイ所属。

所属事務所 サムデイ
年齢 25歳
ニックネーム まりこ
生年月日 1986年3月11日
出身地 福岡県
血液型 A型
身長、体重 168cm
スリーサイズ B87 W57 H85
合格期 1.5期生
所属 A
選抜回数 20回
第1回総選挙 3位
第2回総選挙 3位
第3回総選挙 4位
じゃんけん選抜 2回戦敗退


略歴

2005年
10月、AKB48第1期生オーディションに落選。
12月、劇場内にあるカフェの店員になることを打診され働き始める。
2006年
1月22日、夜公演にて劇場デビュー。
2007年
9月、芸能事務所バーニングの系列会社であるサムデイに移籍。
2009年
7月、第1回総選挙では3位。
2010年
6月9日、第2回総選挙では3位。


人物

キャラクター
AKB48中心メンバーの一人であり、ほとんとのシングル曲で選抜メンバーに選ばれている。
キャッチフレーズは「魅惑のポーカーフェイス、篠田麻里子です」。一時は「博多のフランス人形」なども。
公式ニックネームは無く、仲が良いメンバーには名前そのままで呼ばれるが、後輩などからは「麻里子様」と呼ばれている。様付けデフォのAKBの女王様的存在。]ちなみに加入当時の公式ニックネームは「まりりん」。
ポジションは「ムチャぶり」担当。戸賀崎によると、マネージャーすら篠田を怖がっており、高城亜樹によるとAKBのジャイアン。
最初は美人キャラとして特別扱いされる事が多かったが、のちに微妙なボケをかましてスベリキャラとなる。清人「進むにつれて、ギャップというか…裏切られた感じで。田舎から出てきて、初めて東京で裏切られましたみたいな」。ちなみに同じスベりキャラの高橋みなみ曰く「別物でキャラは被っていない」との事。
AKBメンバーで最もソロ活動が多い。数多くのレギュラー番組を持ち、ここにAKB48自体のレギュラー番組を加えると10本を超えるという超売れっ子。2010年上半期のみで雑誌40誌に登場し、テレビ出演本数は160本を超えた。ダウンタウン浜田には「一人でやる方が気が楽でしょ?」と聞かれ、本気かノリかは不明だが「そうですね」と答えている。
地方での活躍も盛んで、篠田を見てAKBファンになったという者も多く、グループの「入り口」的役割を果たしている。
一昔前は、劇場公演は休演が多く、「公演で篠田を見る事が出来たらラッキー」と言われたほど。最近はAKBの冠番組などにも出演することもまれで、「AKB48の篠田」を見ることすら珍しくなっている。
海外公演のメンバーにも選ばれた事はないが、これもおそらくスケジュール的な問題だと言われている(海外に行くと最低でも数日は押さえられてしまう)。また、18thシングルのカップリングを歌うユニット「AKB48チームピグ」を決めるイベントが行われたが、「篠田麻里子は他社との契約の都合上、本企画には参加いたしません」となっており、篠田がソロでやっているSo-netとのCM契約のため、メンバーで唯一不参加となっている。
身長168cmはメンバーの中で最も高く、女性誌のモデルとしても活躍するなど、抜群のスタイルを誇る。オススメのダイエット方法は、7時以降何も食べない事。それが一番体重が落ちたとか。ダイエット中は、差し入れには目も呉れないほど、美に対する意志は強い。
ショージキ将棋では「AKB1スタイルが良いと思っている」という質問で針が動いてしまったが、本人も「ぶっちゃけ思ってますよ」とあっさり認めている。他にも「自分は美人だと思う」などの質問でもすぐ1本取られてしまうなど、自分大好き系やナルシスト系の質問には滅法弱い。最近の自分のグチは「自分が可愛い」ことと「街中みんなが見る」こと。
『AKB48 VISUAL BOOK 2010』のチーム内キャラ王決定戦の「ファッション王」部門では、自分以外の他の人に投票するというルールを破って、自分に投票。ちなみに、自分を10点満点で採点すると8点。
モデルだけあり、女性ファンが多いのが特徴。「女性特有の感覚かも知れませんが、同性から好かれる、ファンになってもらえたって、なんか認められた感じがして嬉しいんですよね」。
競馬番組も担当し、競馬マニアや中高年なども含めて幅広い層に支持されてる。篠田は「今年に入って休みがない」と語るほどの人気者となった。篠田本人のブログを信じるならば、確かにほとんど休みは無く、忙しい時には睡眠時間が1~2時間という日もある。ちなみに、今欲しいものは睡眠時間。本人曰く「眠いと不機嫌になる」
将来の夢は、ジェーン・バーキン。

AKB48として
1986年、福岡県に生まれる。
2005年、福岡県立糸島高校を卒業。
両親には内緒で福岡の実家を飛び出し、東京で生活を始める。
2005年
10月、秋葉原48(AKB48)1期生オーディションの最終審査日。ちなみに歌唱審査で歌った曲は、中島みゆきの『悪女』。理由は、歌詞の出始めが「マリコの部屋へ~」だから。秋元康に「それ狙いですか?」と言われた。絶対に受かると思っていたが、まさかの不合格だった。「当時は19歳で今よりも自身があったから、正直『絶対受かる』と思ってました。隣がゆかりん(佐藤由加理)で、素朴なタイプじゃないですか。『こんな田舎っぽい子は受からないだろうな』って思ってたし、その隣には(高橋)みなみがいて、大人っぽいというか老けてて、『この人いくつなんだろう』って思ってました。…だから私は絶対受かると思ってたんですけど、名前が呼ばれなくて、『え? なんで? 意味分かんない!』って」
だがその後、劇場に併設されるカフェで「カフェッ娘」として働く事を打診され、「落ちて悔しい気持ちが大きかったから、『やります!』って。…でも本当に悔しかったです」。そしてしばらくはそこで毎日のように働いていた。当時の思い出は「座っていると仕事にならないので、立ちっぱなしというのが大変でした。これを1日12時間、1カ月半やっていました。正直なところ、AKBの活動よりも辛かったですね」。ちなみに当時は劇場にお客さんが入らず、篠田は戸賀崎などと共に外でビラやチケットを配っていた。『逃した魚たち』というビデオクリップ集では、その時の篠田の姿が映っている。
2006年
1月、次第にAKBファンの間で篠田の事が話題になり、当時行われていたアンケートにも「カフェの娘が可愛い」という意見が多く寄せられるようになる。
1月18日、噂を聞いた秋元康が篠田を見て、「篠田がいきなりステージで踊ったらおもしろいな」というサプライズを思いつき、秋元・社長・戸賀崎の3人がカフェでアイスを作っていた篠田に「AKBのメンバーになるか?」と聞いた。篠田が了承すると、「4日後にステージに上げるから」と言われ、4日で全部の振りを覚えなければならなくなった。
上記のように、オーディション合格を経ずしてAKBメンバーになったのは後にも先にも篠田のみという特例中の特例だった。ちなみにここまでは大堀恵も篠田と同じ経歴を辿っているが、大堀は後にきちんと2期生オーディションに合格して、チームKのメンバーになっている。
また、オーディションに落ちたというのは伏せられていた時期もあるらしく、「オーディションに間に合わなくて、AKB48のカフェで働く人を募集しているということで、カフェの店員になって(省略)」と答えているインタビューもある。
オーディションに合格して加入した訳ではないため、当然“合格期”というものはないが、時期的には1期生と2期生の間にあたるため、篠田は自身の立場を「1.5期生」と語っており、『AKBINGO!』でも同様に紹介されている。『AKB48総選挙公式ガイドブック』や『週刊AKB』では、1期生に分類される事もある。
12月8日、AKB48の1周年記念日。篠田は1年前はまだ正式なメンバーではなく、ドンキ前の路上で戸賀崎と共にチラシを配っていた。という事で、サプライズで1年前と同じようにこの日はチラシを配った。しかしまだAKBの知名度は低く、ほとんど無視される事が多かった。篠田「心が痛い…」。
2007年
9月1日、サムデイに移籍。
10月13日、足の怪我により公演は休演する事になったが、せっかく来てくれたファンの為に何かしたいという事で、1日だけカフェ店員に戻った。
12月、AKB48として紅白歌合戦に初出場。
2008年
7月15日、ファースト写真集『Pendulum』を発売。
7月18日、女性誌『MORE』(集英社)の専属モデルとなる。
8月、10月に発売されるAKB48の10枚目のシングル『大声ダイヤモンド』に、SKE48から松井珠理奈が大抜擢。しかもセンターを務める事になった。当時の珠理奈は、まだ11歳の小学生。それが名古屋から東京まで来て、AKBのメンバーに混じってレッスンしなければならない。AKBのメンバーが辛く当たったりした訳ではないが、どうしても孤立してしまいがちだった。その姿を見た篠田は、なんとかしてあげたいと思った。それは、自分も後から入って来たメンバーだったからだった。前述の様に篠田は1期生から1ヶ月遅れでサプライズ加入したが、「正直言うと、辛い思いもありました…。初めの頃は、同年代のメンバーから壁を作られているような気がして、楽屋でも居場所がないように感じていました。みんなの気持ちもわかるんです。(自分たちは)オーディションに合格して、何も無い状態から手探りでチームを作り上げて、ようやくそのステージに立てたばかりなのに、そこへ突然、私が現れたら、『何でこの子が入ってくるの』という気持ちにもなりますよね。私だけどうして後から入っちゃったんだろう…。そんな寂しかった当時の自分を、珠理奈にダブらせていたのかも知れません」。そして珠理奈に話しかけた。「『珠理奈が来てくれて、うれしいよ』。まるであの日の自分に話しかけるように…。私はそれ以降も彼女に語りかけ続けました」
2009年
3月、オーディションに受かり、So-netのソロCMが決まる。
5月27日、セカンド写真集『SUPER MARIKO』を発売。
6月、AKBがブレイクする以前の段階で、すでにブログのアクセス数は1日60万件。更新頻度や写真掲載の割合は高いが、文章量は少ない。これは長文を書いて間違って消してしまうと凹むため。またAKBメンバーのブログは所属事務所が管理しており、通常メンバーはスタッフに送り、それをチェックした後にスタッフが代理でブログに投稿するが、篠田の事務所サムデイだけは事務所チェックが無い。そのため、ネタバレしてしまう事なども多い。
7月8日、第1回総選挙では第3位を獲得。「内心すごく不安で……もう23だし……AKBを卒業した方がいいのかなって…」。観客席から送られた「まだまだ!」という声援が届いた瞬間、感極まって涙を流した。後の雑誌インタビューでは「いえいえ、私、泣いてませんよ? 目から出たもんだから間違われやすいんですけど、アレ、汗でした」とコメント。
2010年
1月、フジテレビ系の競馬番組『うまプロ』のレギュラーとなる。
2月、『週刊文春』が、AKB48の運営会社であるAKSの社長・窪田康志と、AKBメンバーの間には不適切な関係があると報道。篠田は実名を挙げられ、社長の愛人になっていると書かれる(詳細はノートを参照)。
6月、AKSが『週刊文春』を発行する文藝春秋に対し、損害罪障と謝罪を求め提訴。法廷闘争に発展する。
総選挙に不安があるかという質問に対して「ないですね。これから3年後だってAKBを辞めたいとは思わないです。楽しいんですよねココが。それにこの集団に居たからこそ、成長できたと思うし、これからもココで成長したいと思っています。今のように個人でもいろいろな事を経験させて貰いながら、AKB全体にも恩返しがしたい。そういう存在になりたいですね」。
結果予想を聞かれると「1位の自信? 正直ないですね」「何位でもいいです。とりあえず選抜に入りたいですね」と控えめ。「1位にはなりたくないです。あっちゃんは抜かしたくないです。あっちゃんあっての AKBですから」。「年齢的にもAKB上位ですし。24歳が1位でもね~。後ろでガッチリ固めたらって思います」と大人な発言で笑いを誘った。
6月9日、第2回総選挙では、去年に引き続き3位を獲得した。篠田は発表の瞬間、顔を押さえて号泣した。そして「ものすごく、うれしいです」とコメント。司会の徳光和夫氏が、労をねぎらうように微笑むと「AKBがこんなに注目されるようになって…。徳光さんも来てくれるようになった」と、AKB48が成長し、社会に認められたことを実感し、喜んだ。
総選挙で前田敦子に代わって1位になった大島については、「大島優子は、リーダーっていうか、自信がみなぎってますよ。AKBを“まとめるぞ”っていう。私は、“ついていきます”っていう感じです」とコメントしている。
7月2日、サード写真集『麻里子』を発売。すぐに重版がかかり発行部数は7万部を突破した。
8月30日、『ジャイケルマクソン』で共演する中川家・礼二の結婚式に出席したが、司会を務めた陣内智則によると、篠田は式の最中に居眠りをしていたらしい。
9月3日、撮影中に釘を踏んでしまい病院へ。それほど重傷ではないらしく、本人も「ああずーっと無かった休みが明日まさかこんな形で貰えるとは。まかさの釘休み(笑)」と、冗談を言っていた。また翌日の「東京ガールズコレクション」への出演は、大事を取って取り止めた。
クイズ番組『DERO!』に出演したが、全然答える事が出来ず、ファンから「バカ」と言われる様になった。2度目の出演時もまったく活躍できず、しかも『週刊AKB』で共演しているスピードワゴン井戸田の名前を答えるというサービス問題であったが、共演者の名前すら忘れており答えられなかった。
じゃんけん選抜についてはインタビューで「今回は勝たなくていい。自分が入るよりも、中村麻里子(1回戦の対戦相手)ちゃんとか、選抜に入った事が無い子が残って欲しい気持ちがあります」。「センターですか? 嫌と言っては失礼ですが、自分には務まらない。ソロ活動はいいんですが、グループの代表は…。あっちゃんや優子を見ていても、大変だと思います。昔、あっちゃんが泣いているのを見ていたし…」「お祭りなので、とにかく楽しく過ごせればいいです。だって、勝ちたいと思ってないんで(笑)。できれば今まで選ばれた事のない子に選抜入りして欲しいですよね。そうすれば新しいAKBが楽しめるんじゃないですか」
9月21日、じゃんけん大会では、1回戦の第1試合で登場。研究生の中村麻里子に勝利した。しかし2回戦で佐藤すみれに負けてしまい、6thシングル『夕陽を見ているか?』以来、久しぶりの選抜落ちとなった。翌日のレギュラー番組『PON!』では同大会の模様が放送されたが、それを見たビビる大木に「ちょっと麻里子ちゃんなんなの。『今回は私いいから若手がんばんな』みたいな。負けたあとの、あの余裕の表情」と突っ込まれた。篠田は「対戦相手のすみれちゃんが、勝った時に泣いたんで…それにちょっと感動しちゃって。『良かったね』っていう気持ち(の表情)だったんです」と反論。だが超新塾のイーグルにも、「ちょっと(仕事)休めるとか思って、嬉しかったんじゃない?」とツッコまれたいた。
後のじゃんけん大会感想。1回戦・中村に勝ってしまい、思わず「ごめん」と謝る。「勝ってしまって、どうしようという感じでした(笑)」。2回戦すみれに敗北。希望通り選抜経験の無い子が選抜入りし笑顔の篠田と、勝って涙を流す佐藤すみれという好対照の結果に。「彼女の涙を見て、負けて良かったなって。じゃんけん選抜は面白いメンバーになりましたよ。各チームのキャプテンが負けて、リーダーシップを取れる人が見当たらないのが心配だけど(笑)」
11月15日、来年1月22日公開の映画『犬とあなたの物語 いぬのえいが』にて映画初出演。同作は、「いぬのえいが」シリーズの第2弾で、犬と人との喜怒哀楽が詰まった全5編からなる。篠田は“超”のつく“親ばか”な愛犬家役として「愛犬家をたずねて」に出演。自身の愛犬パチャとムッシュと現場入りし、共演犬のミニチュア・シュナウザーとも息の合った演技を披露したという。「かわいいワンちゃんがいっぱい。楽しく演技することができました。皆さんにご覧いただくのがドキドキ、緊張もありつつ、何よりとっても楽しみ」とコメントした。
12月4日より、KBC(九州朝日放送)にて、ラジオ『篠田麻里子と愉快な仲間たち』がスタート。パーソナリティは、元・AKB48で現・SDN48の佐藤由加理と野呂佳代の3人。福岡での放送だが、レコチョクでの配信も予定されており、全国で聞けるとのこと。
「来年も総選挙があるとしたら、狙うは何位?」と聞いてみると、返ってきたのは意外にも前回と同じ「3位」という答え。「上位がうれしいけど…常に前進したいからてっぺんは見たくない」と語り、2011年の目標を「今やっているお仕事のレベルを上げる! 競馬も、モデルももっと勉強したい」と答えた。
12月29日、この日は、NHKホールで紅白歌合戦のリハーサルの前段階「音合わせ」を他のメンバーとともに臨んでいた。13時59分、篠田は「取材抜け出して今から病院へ」と書き込み。14時25分には、「今から病院行ってきます円形脱毛症になってまった」と、具体的な症状まで書き込んだ。さらにその直後の14時30分、「間違えてTwitterに…」と、私信を誤ってツイッターに投稿したともとれる内容を書き込んだ後に、「円形脱毛症になった」という書き込みは削除した。なお、14時30分頃は、大島優子や前田敦子など主要メンバー8人が、写真撮影と囲み取材に応じていた時間。だが、この場に篠田の姿が無かった。篠田は他のメンバーが取材に応じている間(14時34分)に、「なーんて冗談だよーん」と、すべて冗談だったと投稿。しかしツイッター上では、「ファンはみんな心配しています」といった心配する声も相次いでいる。
2011年
2011年の目標は「追求」。大女優を目指して、女優業を深く追求して、深みの増した人間になりたい。
1月19日、『ズームイン!!SUPER』の「かかやきびと」に登場。“AKB1の苦労人”と紹介される。オーディションに落ちて、併設のカフェで働いていた事や、ビラ配りしていたかららしい。しかしその期間が1ヶ月という説明はなかった。ちなみに自分がAKB最年長だとウィキペディアを見るまで知らなかったらしく、今でもまったく自覚はないとか。
1月、去年7月に発売したサード写真集『麻里子』がついに10万部を突破。
AKBとは因縁がある『週刊文春』によると、篠田の卒業が間近だという。「総合プロデューサーの秋元康氏が、AKBの『王・長島』と位置づける前田敦子と高橋みなみは『卒業させない』と言っているそうです。卒業させるのは、若い世代の研究生を正規メンバーに昇格させるためなので、年長組からでしょう。挙がっているのは『笑っていいとも!』などレギュラー番組に出ている秋元才加、女性誌『MORE』の専属モデルで、今回フジの月9ドラマにも出演している篠田麻里子の2人です。他のメンバーも独自の活動が増え、集まって練習する時間が取れなくなったことも問題で、すでに全体の活動に支障が出始めています。今後は、20歳を越えた主力組にかわり、去年の総選挙で5位につけた渡辺麻友と、19位の指原莉乃を売り出していく戦略だという。卒業候補の2人のうち、秋元は所属事務所の態勢が整っていないため、時期尚早と見られている。「週刊文春が報じた広井王子とのお泊りスキャンダルで、秋元はチームKのキャプテンを辞任しましたが、近く復帰することが決まっています」(AKB関係者)。というわけで本命は、篠田。「AKBのドラマ『マジすか学園』のパート2が3月から放送予定ですが、前回主演級だった篠田は出演しない方向です。篠田の所属事務所はバーニング系で、バックアップ態勢万全。独立する潮時と考えているのでは」。総選挙もジャンケンもメンバーには事前に知らされず、コンサート中に突然発表。そんな彼女たちは不安な日々を送っているという。「総選挙で下位のコたちは、自分が卒業させられるのではないかと戦々恐々です。『今回、グラビア撮影に呼ばれなかったから、私かも』なんて言葉も出るほど疑心暗鬼になっているようです」
1月30日、現在大ブレイク中のAKB48だが、ネット上ではメンバーの篠田麻里子が卒業するのではという噂が流れており、ファンの間で熱い議論が展開されている。きっかけとなったのは、1月30日付のブログ。この日、メンバーたちは4月から始まるAKB48主演のドラマ『マジすか学園2』の台本読み・顔合わせを行っており、その様子はメンバーのブログなどで報告されていた。しかし、同じ日の篠田のブログでは、CM撮影と別番組収録があったことを報告しただけで、ドラマの顔合わせに出席したとの記述がない。一部週刊誌では既に同ドラマには出演しないとの情報は出ていたが、どうやら本当だったようだ。こうなると、「卒業」という話の信憑性は一挙に増した。もちろん単なる噂についての議論なので、何ひとつ結論は出ていない。
2月、ヘアカラーホーユー新ブランド『rexy』のCMに起用される。
2月25日、ABC-MARTのCMに起用される。
3月4日、『週刊AKB』で新企画の「ドッキリ女学園」が放送。企画を簡単に説明すると、メンバーはドッキリを仕掛ける側と、受ける側に別れ、受ける側にはビックリしてしまうと反応するセンサーが付けられている。そして、一番多く反応してしまった者が「ヘタレ」に認定されるという企画。開始早々、篠田は仁藤萌乃と宮澤のターゲットになり、変な因縁を付けられる。仁藤から「謝れ」と言われ、そこで普通は流れで謝って次のドッキリに進む予定だったが、なぜか突如篠田がキレて、逆に仁藤に食いかかった。そうなると今度は、普通ドッキリを仕掛けた側のメンバーが謝るはずだが、そこは仁藤も決して譲らず。周りのメンバーも篠田が本当にキレているのか、どこまでがドッキリなのか分からず、誰にもどうする事も出来ない変な空気に。結局、周りのメンバーが先生役のカンニング竹山に止めるようお願いして、仁藤と宮澤が教室から出て行った。その後、篠田一人だけ笑っていた。次に収録後の篠田のインタビュー映像が入り、あれはキレたフリをするという「逆ドッキリ」を仁藤に仕掛けたと語った。篠田に悪意があった訳でも、もちろん企画を潰そうと思った訳でもなく、あくまで良かれと思って、アドリブでああいう事を行ってはみたが、しかし実際になった通り、キレた後、そこからどう話を終わらせるかまではまったく考えていなかった。そのため、あの様な変な展開になってしまったとの事だった。
3月18日、「爆笑そっくりものまね紅白歌合戦」で、お笑い芸人スリムクラブの内間が篠田のモノマネを披露。それを見た篠田はツイッターで、ものまねされたことは嬉しいそうだが、似ていることに関しては複雑な心境だという感想を投稿。しかしファンからは、「似ていない」や「バカにしてんだろ!」や「謝れ」などと苦情のコメントが寄せられた。これに対し相方の真栄田が自身のブログで、「内間死ね。」と書かれていたことに怒りを露わにした。
4月6日、NHKで冠番組「麻里子さまの おりこうさま」がスタート。「NHKスペシャル」とのコラボ番組で、硬派ドキュメンタリー「Nスペ」で扱う内容のキーワードを、事前に学ぼうという番組。社会人になる前のハイティーンをターゲットに、一般常識を“わかりやすく”“面白く”“短く”説明する5分間番組。
5月13日、個人の活動が充実している今、AKB48として活動する意味はどこにある? 「楽しいからです! もしかしたらそれは今のこの環境に甘えているのかも知れない。でも、私はまだここにどうしても居たい。ファンの皆さんに求められている内は、みんなと頑張りたいなって思います。とはいえ、自分でも分からない部分もあるので、その辺のジャッジは秋元先生にお任せしていますけど…」
去年は3位を守りきりました。1回目は少し泣いたかな程度でしたが、去年はかなり…。「ちょっとは泣いてましたね。もちろん嬉しさはありましたが、プレッシャーから解放された安心感というのが実際です。だって、このイベントってメンバーが頑張るんじゃなくて、ファンの方に頑張っていただく訳じゃないですか。『一生懸命頑張ります』って私も口では言えますけど、でも実際には何もできないですから…」。ブログやツイッターを頻繁に更新する事について。「恩返しなんて言うと大げさですけど、皆さんが求めるものを形にしていきたい。こまめに更新する事で、ファンの皆さんは安心して下さる訳ですよね。元気なんだなって。私の事を考えてくださるファンの方は、そういう些細な事も気にしてくださいます。だから求めて頂けるなら、私もそれを与えたい。たまに、自分が一人ぼっちの様に感じる瞬間があるんです。そんな時、『私は篠田さんが好きです』という一言を頂くだけでも、この人のために頑張ろうって元気になれちゃう。そんな時、自分は本当に幸せなんだなあと思います」
6月9日、今年の結果は去年から1ランクダウンの第4位。
7月1日、auの携帯電話・スマートフォンで配信されるケータイドラマ「くるみ洋品店」(金曜、1話5分×5話)に主演。

交友関係
メンバーでは前田敦子、小嶋陽菜、板野友美、峯岸みなみ、高橋みなみ。
卒業生では、佐藤由加理、野呂佳代(篠田はきゃぷと呼ぶ)と仲が良い。
一言もの申したいメンバーは板野友美で、「遅刻多すぎ」。しかし篠田も人のことは言えないとか。
昔から年少メンバーを可愛がっており、増山加弥乃と仲が良かった。現在も最年少の奥真奈美と仲が良く、「奥たま」「麻里ちゃん」と呼びあっている。ブログでのツーショット写真も多く、プライベートでもよく遊んでいる。
SKE48では、同じく最年少の松井珠理奈を可愛がっている。
推しメンは、奥真奈美、松井珠理奈、小森美果。
メンバーの中で付き合いたいのは、高橋みなみ。「優しいし、尽くしてくれそう。いちばん尊敬もしている」
『AKB1じ59ふん!』と以降の後継番組でMCを務めるバッドボーイズ佐田は、篠田を気に入っており、いわゆる「篠田推し」であった。佐田は篠田のみ「さん」付けで呼び、コーナーにおいても所々で依怙贔屓を行い、他のメンバーからブーイングが飛ぶという事が定番だった。しかし、じょじょに篠田の「ボケ」ぶりが目立つようになった『AKBINGO!』以降は、他のメンバーと同様の扱いになり、特別扱いはあまりしなくなった。ちなみにショージキ将棋にて、篠田は「佐田に好かれるのは迷惑」だと思っている事が判明した。
AKBメンバーの中で最年長の25歳。年齢については本人も気にしているらしく、楽屋で隣にいた板野友美が「私、高校卒業しちゃったから、これもあと何年似合うかな~♪」と笑いながらセーラー服を脱いでいた時は「コラ! 私の隣で言うな」と怒った。
10~12歳ぐらいのメンバーに「私の事おばさんって思う?」と聞いたら、「全然おばさんじゃないよ」と言ってくれたが、その子たちが雑誌を読んでいる時に、篠田と同じ24歳の女の人に対して「24歳ってババアじゃねえ?」と言っており、篠田は「ババア」だと思われている事を間接的に知ってしまった。
峯岸みなみ曰く「メンバーへのムチャぶりがすごい」。収録中にいきなり押され、カメラで撮られるので、何か言わなくてはいけない様になるとか。またラジオなどで篠田と共演するメンバーも、ムチャぶりの洗礼を受ける事になる。
最年長だが、中身は子供。仲の良いメンバーにはよくイタズラを仕掛ける。
AKBメンバーの中で、敵に回したら一番怖い人。ちなみに、その質問では篠田本人も「自分」だと答えている。基本的に篠田はほとんど怒る事は無いし、後輩から頼られたり慕われたりすると守ってあげるなど、非常に頼もしい。反面、力を持っている分、仲間であれば心強いが、逆に敵に回してしまうと怖いという事らしい。
非常に金回りが良いキャラらしく、番組で「将来お金持ちになりそうなメンバー」のような質問があると、かなりの確立で篠田の名前が挙がる。前田は「すぐ浮かんだ」。亜美菜や藤江によると「もうすでにセレブ」らしい。またメンバーに色々とプレゼントしたり、おさがりをあげたりする事が多い。研究生の中村麻里子によると、「篠田さんが、私たち研究生のために、焼き肉弁当を差し入れてくださったんです!」と、太っ腹エピソードはかなり多い。
ブレイクした現在でも電車移動するメンバーも多いが、篠田はタレント車として有名なエルグランドで移動する。

性格・趣味
性格は、自由人。「来る者拒まず、去る者追わず」のサッパリ系。ただし、自分から話しかけたりする事は苦手。
メンバーの誕生会を主催するなど面倒見が良く、歳の離れた後輩からもなつかれている。宮澤「相談すると必ずポジティブな考えを言ってくれて参考になる」など、その生き方、ライフスタイルを賞賛する声も多い。
チャームポイントは、えくぼ。
AKB48で好きな曲は、『言い訳Maybe』。
『マジすか学園』ではサド役を演じたが、「どっちかって言ったらM」
趣味は寝ること。特技もすぐ寝る事。けん玉。ネイル。オカリナ。
特技は、『AKBINGO!』の初回のアンケートで「エアーオカリナ」と書いてしまい、披露する羽目になった。他の番組でも何度か披露した事がある。
長所は、自由気ままなところ。悩みが無いこと。
短所は、何も考えていないので、人に迷惑をかける事がある。すぐ眠くなる。
誰にも負けない事は、自分を信じている事。
中学・高校と6年間テニスをやっていた。
オフの日の過ごし方は、「体のメンテナンスが中心ですね。仕事で疲れた体を癒すために整体に行ったり、美容院に行ったり。いろいろやってると、それだけで1日が終わっちゃいますね」。
野球をよく見ており、特に高校野球のファン。プロ野球は、読売ジャイアンツのファンである。2010年4月27日にナゴヤドームで始球式を行った際のボールを宝物にすると発言した。
しかし、別のインタビューでは、「スポーツはやりもしないし、見もしない」と答えている。
バンジージャンプとスカイダイビングは、やれと言われても無理。
5人家族で、母の名は「光子」。姉妹は、1歳年上の兄と、6歳下の妹がいる。尊敬する人は母。
「麻里子」という名前の由来は、親が「海外でも通用する様に」という事で「マリ」と付けた。「子」はいらないじゃないかという話になるが、なぜ付いたのかは分からない。
ひとり暮らし。『パチャ』と『ムッシュ』という名前の犬を飼っている。
現在は博多弁を話すことは希だが、今でも地元の友達と電話する時などは方言に戻る。
女性誌はすべて購入している。
やってみたい職業は、アパレル関係。デザイナーになり、洋服を作って展開していきたい。
好きなブランドは、「nine」と「AULA AILA(アウラアイラ)」
金属アレルギーのため、あまりアクセサリーなどは付けない。
マイクロソフトのインタビューでは、パソコンについて、「毎日使いますね。3~4年前に買ったノートパソコンをずっと使ってます」。主な使用法は「ポータルサイトを開いて気になるものを検索したり、あとはその日のニュースをチェックしたりですね」と答えている。しかし別のインタビューでは「インターネットはあまり見ないですね。携帯が多いですね」とも。この様に、篠田はインタビューによって答えが変わる事が多い。
宝物はオカリナで、『天空の城ラピュタ』を観て「私もラピュタになりたい」と思いオカリナを買った。しかし『浜ちゃんが!』という番組で「宝物を出して下さい」と言われたので、そのオカリナをオークションに出品してしまったとか。佐田には「素直過ぎるやろ!」と突っ込まれた。
好きな食べ物は、カレーライス。週に3回は食べている。カレーの魅力は「裏切らない」というところ。どのカレーもみんなおいしくてハズレがない。一番好きなカレーは、豚しゃぶカレー。「いまハズレがないと言っちゃいましたが、ココナッツカレーだけはダメでした。どうしても食べれなくって。カレー好きな私が唯一苦手なカレーです」。
牛乳が嫌いで飲めない。福岡県出身だが、明太子は食べられない。他にも、ゴーヤ、ピーマン、しいたけが嫌い。
好きな色は、白と銀。
好きな映画は、『タイタニック』
好きな男性のタイプは、オーラがある人。行動が読めないような、ヤンチャな人。
初恋は、「まだない」。だそうです。
AKB研究生を関西で探すというコーナーで、篠田が見つけた女の子が「(今まで男性と)付き合った事がない」と言うと、「ウソ?生まれてから?え?そんな事…ウソだよね?ホントに?」。そして最後に「これ貴重でしょ」と発言。
自身の恋愛観について聞かれた篠田は「自分から告白しない」。「フラれた事もない」。「フラれる前に(自分の方が彼氏に)飽きてしまうタイプ」とサバサバと明かした。
カラオケの18番は、中島みゆきの『悪女』。
口癖は「てか」。たまに使う関西弁の「ほんま~?」や「ほんまにぃ~?」は、SDN48の穐田和恵のマネ。
最近はまっている事は、ライブを見にいくこと。「音楽が好きということもありますし、トークや衣装、舞台の演出などいろいろ勉強になることが多いですね。スケジュールの都合で頻繁には見れないんですが、時間があるときはできるだけライブに行くようにしています」。
T-BOLANが好きで、目覚ましの時にかける音楽や、携帯電話の着メロがT-BOLANだった。世代的にちょっとズレているが、これは家族揃ってT-BOLANが好きで、その影響から。
最近は人気韓国グループ・BIGBANGのリーダー、G-DRAGONにハマッていて、「コラボできたら願ったり叶ったりです。韓国に行きたいです」と語っている。最近の着メロもBIGBANG。
ある番組でG-DRAGONと共演した時に「めっちゃ好きです」とアタック。「おれもAKB好き」と日本語で言われ好感触だったが、「そこから後は会話が続きませんでした…」と言葉の壁の高さに、恋は実らなかった。
昔やっていた習い事は、そろばん、バイオリン、ピアノ、バレエ、ダンス、めばえ、新体操、剣道など、非常に多い。
子供に名前を付けるとしたら片仮名で「ジャスミン」がいいらしい。


参加曲

シングルCD選抜曲
1st 会いたかった
2nd 制服が邪魔をする
3rd 軽蔑していた愛情
4th BINGO!
5th 僕の太陽
7th ロマンス、イラネ
8th 桜の花びらたち2008
9th Baby! Baby! Baby!
10th 大声ダイヤモンド
11th 10年桜
12th 涙サプライズ!
13th 言い訳Maybe
14th RIVER
15th 桜の栞
16th ポニーテールとシュシュ
17th ヘビーローテーション
18th Beginner
20th 桜の木になろう
21st Everyday、カチューシャ
22nd フライングゲット



全ての記事を表示する


にほんブログ村 芸能ブログ アキバ系アイドルへ


Powered by AKB48全推し!!


AKB48
スポンサーサイト



全ての記事を表示する
カテゴリ
アクセスランキング
あなたにオススメ♪
AKB48
RSS
Powered by RSSリスティング
カウンター


アクセスランキング AKB48