AKB48の最新ニュースやスキャンダルをお届け!

AKB48全推し!!AKB48の最新ニュースやスキャンダルをお届け!

AKB48 メンバー一覧|メンバー紹介|画像|人気投票|歌詞|新チーム|振り付け|動画|熱愛|恋愛|噂|脱退|水着|総選挙|コンサート|SKE48|NMB48
AKB48全推し!!AKB48の最新ニュースやスキャンダルをお届け! TOP > ニュース・スキャンダル > AKB48 涙の2012年「ドーム公演は宝」…映画舞台あいさつ

AKB48 涙の2012年「ドーム公演は宝」…映画舞台あいさつ

★AKB48の最新アイテムはコチラで!!


 
 AKB48の2012年を追ったドキュメンタリー映画「DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?」(2月1日公開)の完成披露プレミア試写会が21日、東京・六本木で開かれ、AKB48のメンバーらが舞台あいさつを行った。
 
 登場したのは、高橋みなみ、大島優子、篠田麻里子、小嶋陽菜、板野友美、峯岸みなみ、北原里英、横山由依と高橋栄樹監督。応募総数2万通、30倍の倍率で当選したファンを前に、作品をお披露目できる喜びとそれぞれの心境を告白した。
 
 総監督の高橋みなみは、結成から目標にしていた東京ドーム公演の舞台裏が描かれていることについて、「夢だったんじゃないかと思うくらい、すばらしい時間でした。結成当初からオフィシャルブログのタイトルは『東京ドームまでの軌跡』というタイトルでやらせていただいてきました。結成当初は定員250人の劇場も埋まらない状態だったので、本当に夢の夢で、かなうはずがないけど、掲げてみたタイトルでした。7年たって、その場所に立てたということが本当に自分たちの人生にとっての宝だなって思いました」と感慨を語った。
 
 また、昨年卒業した前田敦子について問われた大島。「私にとってセンターとは、センターという場所が存在するというより、例えば前田敦子に前田敦子のポジションがあったように、大島優子自身のポジションがあって、そこにスポットライトが当たり、センターが入れ替わったというような感覚です。存在するというよりは、センターが動いているという感じ」と吐露。
 
 前田と同じ1期生の小嶋は、公演での前田の卒業発表の場面について、「あっちゃんがしゃべりだすとき、卒業を発表するんだなということは感じていました。言わないでほしいと思っていたら、客席の皆さんも同じ雰囲気で…。でも、あっちゃんの決意した顔がすごくかっこ良くて…。私自身はセンターにいることはないんですけど、センターに立つと本当に緊張する。見える景色も違うし、緊張でしゃべれなくなる。今でも、あっちゃんはすごいなって思います」と前田への思いを語った。
 
 同じく1期生の峯岸は「2012年1月1日に劇場であいさつするとき、書き初めに『泣かない』って書いたのに、一番泣いたんじゃないかって思う一年になりました。(東京ドーム公演では)東京ドームまで来れたうれしさと、あっちゃんとメンバーとして歌えるのは最後なんだなという寂しさと、いろんな涙を流しましたが、感情が混ざった涙というのは、その時が初めてだったんじゃないかと思います。うれしくも悲しくも、たくさん涙を流した一年でした」と振り返った。
 
 最後に高橋みなみは、「2012年、私たちはたくさんの涙を流しました。私がこの映画を見て思ったことは、メンバーによって見ている景色も違い、涙の意味も違うということです。その涙を流した先に、何があるのか。私たちの決断は正しいのかわかりません。ですが、どんなことが起きても明日は来ます。涙の分だけ、たくさん笑えるように頑張って行きたいと思います」と決意を語っていた。


『今年こそ彼女が欲しい!!』そう思った人はコチラ

全ての記事を表示する


にほんブログ村 芸能ブログ アキバ系アイドルへ


Powered by AKB48全推し!!


AKB48
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

全ての記事を表示する
カテゴリ
アクセスランキング
あなたにオススメ♪
AKB48
RSS
Powered by RSSリスティング
カウンター


アクセスランキング AKB48